2017年 03月26日 (日曜日)

カテゴリー

« 弁護士による消費生活移動相談室 | メイン | 豪雪JAM »

対談「アンギンの発見者—小林存を語る」

170223_01.jpg

 米山隆一知事は15日、新潟県の平成29年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は1兆2548億円となり、28年度予算より540億円(4.1%)減少、2年ぶりのマイナスとなった。県費負担教職員に係る給与負担の政令市移譲の影響分(239億円)を除くと302億円(2.3%)の減になる。米山知事にとって最初の予算編成は「命と暮らしを守り、現在と未来への責任を果たす」として、原発事故に関する検証、医師の確保や地域医療体制の整備、教育分野への取り組みにポイントを置いた。また、県立十日町病院付属看護専門学校(仮称)の開校に向けて看護教員を養成予算を計上。同専門学校は十日町病院に隣接した用地に平成32年に開校される。
(写真:予算案を発表する米山知事)
《本紙2月23日号1面記事より抜粋編集》

十日町新聞2月23日号は・・・・
▽十日町雪まつり3日間で26万5千人 初日以外は天候に恵まれ前年比増に〔AR動画あり〕
▽延べ2万9千人を魅了 十日町雪上カーニバル、天候恵まれ2千人増〔AR動画あり〕
▽<雪の芸術展>七和地区振興会が初の連続市長賞 水沢雪まつり会は5年ぶり10回目〔AR動画あり〕
▽保坂、品田、井口さんが栄冠に輝く 第6代十日町きもの女王コンテスト
▼<市議選>新人3人が名乗り、現段階で2人超過に 西部から根津、共産党から樋口、川西から星名氏
▼4月から市直営、図書業務は委託 十日町情報館、運営費は計1億950万円に
▼11月開館の文化ホールの概要示す 市中心市街地活性化協で計画案提示
▼積雪、日照、品種などで良食味米 稲作講演会で髙橋教授が科学的に分析
▼再認定に向けジオパークの充実を 苗場山麓ジオパーク振興協が総会
▼「無責任な姿勢」と抗議 津南病院を守る会が上村町長に要望書
▼少年リレーで羽吹唯人が優勝・冬国体距離/中林煕瑠君が毎日新聞社賞・読書感想文全国コン など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS