2018年 09月23日 (日曜日)

カテゴリー

« 注目の「児童遊園」基本設計示す 屋内施設は平成31年秋開設をめざす | メイン | 「世界に誇れる計画を」と浅枝委員長 宮中ダムFU委、市の発電計画に懸念続出 »

縄文楽(がく)検定

 縄文文化などの知識を問う「縄文楽(がく)検定」(信濃川火焔街道連携協議会主催)が3月4日、十日町市博物館で開催される。
 午後1時半から初級、2時50分から中級が行われ、初級は四者択一式、中級は四者択一と記述式で、ともに50題が出題される。合格者には認定証が贈られるほか、特典もある。定員各50人。
 申込みは、往復はがきに検定級、住所、氏名、電話番号を記入し、同博物館(〒948—0072、十日町市西本町1丁目)へ。締切りは2月9日必着。
 出題範囲など詳細は同協議会ホームページまで。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS