2018年 06月21日 (木曜日)

カテゴリー

« 北京民族楽団「風華国楽〜日中の四季を彩る名曲の調べ」 | メイン | 十日町市歴史文化基本構想策定記念講演会 »

給食シンポジウム「学校給食の今 地場野菜で育つ十日町の子どもたち」

 里山プロジェクト主催市教委共催の地産地消給食シンポジウム2018「ご存知ですか?学校給食の今〜地場野菜で育つ十日町の子どもたち」が3月18日、午後1時半から千手コミュニティセンター・千年の森ホールで開催される。入場無料。
 パネリストは、ゲストの東大大学院准教授の八木洋憲、愛知県立大客員共同研究員の山田浩子と共に、市教委主査管理栄養士の高橋忍、千年の市じろばた生産組合長の水品直子、まつだい地産地消の会代表の富澤達司の各氏が務める。
 当日は予約者100人(先着)に母ちゃんの給食「ランチビュッフェ」(300円)も開場前に提供される。ランチ申込みは氏名、人数、予約番号返送先電話番号を記入してFAX(025―595―6671)まで。3月11日締切り。詳しくは電話025―595―6670の奥平さんへ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS