2019年 10月17日 (木曜日)

カテゴリー

« 事業者連携で地域ビジネスづくりの会 | メイン | 中条の信濃川堤防付近で衝突事故 下条の男性死亡 »

人口減問題ミーティング「越後妻有で活きる個の力」

 県十日町振興局では7月28日(日)、午後3時から市内本町2のキックボクシングアルンジムで、人口減少問題に挑戦するミーティング「越後妻有で活きる個の力」を予定し、参加者を募集している。
 これは人口減少が進む中、この地域で頑張っている人の思いを聞き、地域で応援できることは何かと話し合うもの。新しいことに躊躇せず、「自分もやってみよう」という気運を高めていき、応援する風土を一緒に作っていきたいとしている。
 地元でコーヒーを通した空間作りを進めている間野沙穂子、渓谷でカレー屋チャドカンを営む藤村真美子・大庭ひとみ、きもの産業振興に力を注ぐ大学生の丸山佳乃、豪雪ジャム4代目実行委員長の小野塚裕也の各氏が参加し、試食タイムやプレゼン交流タイムが設けられる。
 参加費は無料で、定員40人。申し込みは振興局企画振興部(電話025―757—5517)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS