2020年 01月21日 (火曜日)

カテゴリー

« 上野寄席楽集 | メイン | スローガンは「明日に奮起」 十日町青年会議所新年総会、福島照彦理事長が抱負 »

大地の芸術祭の里2020冬「雪あそび博覧会」

 2月から3月に開催される「大地の芸術祭の里 2020冬」の関連イベント、「雪あそび博覧会」が1月18日(土)から3月22日(日)まで、キナーレで開催される。
 動くこたつによる、深澤孝史の「こたつカーサーキット」、東京都美術館でも展示された、開発好明の登れるアート作品「受験の壁」、「越後妻有コラボ甘味屋台」、「おもちBar」(土・日・祝のみ)など、雪がなくても楽しめるイベントも盛りだくさん。雪を用いたプログラムも2月以降実施予定。2月からはまつだい「農舞台」会場でも開催される。
 キナーレ会場の料金は一般800円、小中学生400円で、会期中何度でも入館可。2月から行われる「大地の芸術祭の里 2020冬」の共通パスポートでも入館できる。パスポートはキナーレ、市総合観光案内所、越後妻有オンラインショップなどで販売中。
 詳細は大地の芸術祭の里総合案内所(電話025―761—7767)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS