2020年 09月28日 (月曜日)

カテゴリー

« 十日町市博物館オープン記念秋季特別展「縄文の遺産」 | メイン | トキてつ×ほくほく×大糸線 駅スタンプラリー »

大地の芸術祭の里越後妻有2020秋

「大地の芸術祭」の里越後妻有2020秋が10月10日(土)から11月1日(日)までの毎週土日を中心に開催される。
 エリア内の飲食店・温浴施設クーポン付きの共通パスポートを販売。一般2500円(クーポン1500円分付)小中学生千円(クーポン500円分付)で、有効期限は10月10日から11月1日まで。クーポンの有効期限は11月30日。販売所はキナーレほかで、来月初旬から販売される。スタンプラリー制覇で新米がプレゼントされる。その他詳細は大地の芸術祭HPへ。
 主なイベントは次の通り。
 【まつだい農舞台】▼秋香る新米BBQ 棚田とアートを眺める特設テントで、新米を炊いて秋野菜やキノコをBBQ。午前11時と午後1時から。各回90分。料金は大人2700円ほか。
 【秋山郷かたくりの宿】▼特別ランチ 10月10日から11月1日の木金土日。結東の石垣田の貴重な新米と秋の料理。正午か午後零時半から。要予約。大人3300円ほか。
 【うぶすなの家】▼茅葺き古民家でゆったりカフェ&ランチ 陶芸家が手掛けた器で、新米ごはんをもりもり食べる。午前10時から午後4時(カフェ)、午前11時から午後2時(ランチ)
 【キナーレ】▼田島征三コレクションギャラリー 田島が制作した様々なジャンルの作品を一挙公開・販売する。普段は展示されない貴重な作品から最新の描き下ろし作品まで。9月19日から11月23日まで。水曜日定休。
 【奴奈川キャンパス】▼中国の若手アーティストたちが「時間」をテーマに作品を展開。10月10日から31日までの土日。
 【香港ハウス】▼心安之物—Still Life Objects 香港のアーティスト「L—sub」の、「心を落ち着かせるもの」をテーマにした展覧会。10月10日から11月1日の土日。
 【ギャラリー湯山】▼本園師芳「Real  Peacefulness—リアル ピースフルネス」展。社会的テーマや美術史の引用まで、過去・現在・未来を行き来するその作風から生み出される作品はユーモラスでアイロニーに満ちている。9月12日から11月3日までの土日祝。
 【清水ミュージアム】▼アート・フラグメント・コレクション 川俣正+editionn nordによる「アート・フラグメント」=「作品のかけら」のコレクションを公開。故美術評論家・中原佑介らの蔵書の限定・特別展示も。10月10日から11月1日までの土日。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS