2021年 02月28日 (日曜日)

カテゴリー

« 山本貴一「懐かしの十日町雪まつり写真展」 | メイン | 小学生プログラミング学習講座 »

コロナ禍で沈む地域に元気を 商議所青年部が「虹花火」、十日町JCは「雪灯籠街道」

210211_01.jpg 210211_02.jpg

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大、緊急事態宣言の発令などにより妻有地域でもイベントの中止が相次ぎ、さらに行動の自粛などが地元経済に打撃を与えている。例年の2月は十日町雪まつりをはじめ様々な雪のイベントで地域全体が賑やかになるが、今年はほとんどのイベントが中止となった。そうした中、「十日町に元気を」「元気な姿を発信したい」と、十日町商工会議所青年部(井口淳会長)は7日間かけて市内全域で花火を打上げる「虹花火」を、十日町青年会議所(庭野克弥理事長)も国道117号線を雪の灯籠でライトアップする「雪灯籠街道」を企画するなど、コロナ禍でも雪を楽しみ、雪国十日町を発信する試みが始まっている。
(写真:十日町商工会議所青年部「虹花火」と十日町青年会議所「雪灯籠街道」のPRチラシ)
《本紙2月11日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月11日号は・・・・
▼フォトコン、動画で雪国PR 十日町市、雪まつり「代替企画」として発信
▼サウナと名水水風呂を目玉に 竜ヶ窪温泉、サクラパイレーツが新運営者に決定
▼4年間死亡事故ゼロを称えて 県警交通部長が津南町に感謝状
▼「新型コロナへの備え」を講演 新大・齋藤玲子教授がオンラインで
▼抗原検査キットの使用研修会 妻有包括ケア研究会がコロナ対応で
▼江村博巳氏に少年補導功労者表彰 少年補導員として非行防止に尽力
▼人生に豊かさと成長をもたらす必需品 中村聡宏氏がスポーツマンシップ講演会
▼田麦そばがそばのスイーツ考案 若者にそばの美味しさをと提案
▼〈インターハイクロカン〉大渕莉子がクラシカル準優勝 関綜一郎も表彰台、浅田萌音ダブル入賞
▼新メンバー3人が入団 FC越後妻有、加入予定続き4月には15人に
▼一つの目的に向かって一緒に突き進む 全日本リコーダーコンテスト出場校・馬場小学校
▽【紙上作品展】アーススピリットの世界―地球の鼓動を聞く旅(1) 野沢恒雄フォトギャラリー など

☆★☆郡市内の新聞販売店・コンビニ、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS