2021年 05月14日 (金曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】市内1人と津南中等生1人が感染 | メイン | 坂口安吾まつりin松之山 »

大地の芸術祭特別先行「イリヤ&エミリア・カバコフ 16本のロープ」

 まつだい郷土資料館で「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021特別先行展 イリヤ&エミリア・カバコフ 16本のロープ」が開催されている。
 これは7月に開幕する大地の芸術祭の「先行展」として行われているもの。芸術祭では世界でも類を見ないカバコフ作品群の誕生が予定されており、本番ではキナーレに展示される同作品を、特別演出にて先行公開する。
 インスタレーション(空間芸術作品)「16本のロープ」は、あらゆる人々の「生」を記録したいというカバコフの思いを反映した代表作の一つ。16本のロープに208個のメモが付けられた紙切れ・木片などの「ゴミ」がぶら下がり、メモには人々の様々な会話が書かれている。
 会期は6月30日まで(午前9時〜午後5時、火・水曜休館)、料金は一般800円、小中学生400円。詳細は「大地の芸術祭」の里総合案内所(電話025―761―7767)まで。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS