2021年 12月02日 (木曜日)

カテゴリー

« 本町5のアパート直下で土砂崩れ 住民に避難呼びかけ | メイン | 【新型コロナ】市内学生1人が感染 »

キョロロ夏季企画展「眼展—生き物が見る世界のカタチ—」

 越後松之山「森の学校キョロロ」では7月17日(土)から、夏季企画展「眼展—生き物が見る世界のカタチ—」を開催する。
 里山などで見られる生き物の持つ眼の多様性、機能、進化を紹介し、生き物がどのように世界を見て、視覚を利用しているのか明らかにする。生体展示や映像、クイズラリー等を通じ、子どもから大人まで生き物の眼の世界を楽しめる。
 また、同館では収蔵標本や生体のデジタルアーカイブ化を進めており、その成果の一部として巨大昆虫パネルを館周辺の野外に設置する。
 17日から10月17日まで、高校生以上入館料500円。通常火曜休館だが、8月は休館日なしで営業する。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS