2021年 09月18日 (土曜日)

カテゴリー

« 令和3年7月大雨災害の義援金募金箱を設置 | メイン | ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞7月29日号 »

平野壮弦書芸展―書芸家への軌跡―

 市内稲葉の星と森の詩美術館では8月6日(金)から9月26日(日)まで、「平野壮弦 書芸展―書芸家への軌跡―」を開催する。
 平野は1961年、旧川西町出身。新潟大学を卒業後、県内公立中学校の英語教諭となる。1991年に教職を辞し、書芸を志し、FIFA2002ワールドカップ公式ポスター・公式エンブレム筆書バージョンを揮毫。
 以後、国際的な活躍を続ける傍ら、県内を中心に中学校での講演、書芸パフォーマンスやワークショップも積極的に行い、書に親しみ楽しむ活動を世界に発信している。
 8月7日午後2時からと、9月5日午前10時半からギャラリートーク(要予約)を予定している。
 入館料は一般500円、小中学生200円。火曜日休館。詳細は同館(電話025―752―7202)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS