2021年 09月18日 (土曜日)

カテゴリー

« HAKKAKE展示「越中富山の置き薬」 | メイン | 十日町市プレミアム商品券の夏第2弾の販売開始 »

十日町市博物館秋季特別展「岡本太郎が見て、撮った縄文」

 十日町市博物館で10月2日(土)から、秋季特別展「岡本太郎が見て、撮った縄文」が開催される。
 縄文の美を「発見」したとも言われる太郎が自ら撮影した縄文土器・土偶の写真と、それらの実物を展示。「ポーズ土偶」など縄文時代の出土品に加え、野沢温泉や、十日町市内のそば店をたびたび訪れた太郎の、関連資料も展示する。11月14日(日)まで、観覧料千円(常設展と共通、中学生以下)。
 また10月16日(土)には、情報館視聴覚ホールで記念イベント「〝岡本太郎と縄文〟を語る」を行う。国立歴史民俗博物館研究員・石井匠さんによる講演「岡本太郎と縄文人の神話的思考」、石井さんと明治学院大文学部教授・山下裕二さんの対談「岡本太郎の縄文発見」の2本立て。
 イベントは10月16日(土)午後2時から4時まで、定員50人で要事前申し込み。定員に達し次第締切だが、多数の申し込みが見込まれる場合会場変更等の可能性もある。申し込みは電話・FAX・メールのいずれかで市博物館(電話025―757—5531)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS