2017年 03月23日 (木曜日)

カテゴリー

« 十日町病院改築は25年度着手 尾身県議が記者会見 | メイン | ロンドン五輪に向け強化合宿開始 櫻花女子レス道場で金メダル誓う »

雨から一転晴天に恵まれたきものまつり

120505_01.jpg 120505_02.jpg

 第36回十日町きものまつりが3日、降水確率80%の雨の予報が外れ、まつり開始の午前10時ころから雨が止み晴天となる幸運にめぐまれ、爽やかな五月晴れの中で盛大に開催された。昨年は地震災害に配慮して中止となった「きものパーティー」が再開され、元ミス十日町雪まつりの今井美穂さん(したみちオフィス㈱)がプロデュースしたパーティーには150人が参加して、新しい感覚のきものショーなどの企画で盛り上がった。全国にきものの町十日町市を情報発信したまつりには、昨年を3000人下回る3万1500人が参加して春の一日を屋外で楽しんだ。歩行者天国では、初代十日町きものの女王の3人が撮影会を行い、新成人がまつりに加わり、きもの姿で溢れるまつりとなった。
(写真左から:歩行者天国に繰り出した新成人たち、きものパーティーのきものショー)
《本紙5月5日号3面記事より抜粋》

十日町新聞5月5日号は・・・・・
▽<きものまつり>絶賛の新企画「きものパーティ」 全体参加者は3万1500人
▼春の叙勲で上原辰巳氏が旭単、富井良通氏が瑞単を受章
▼生涯にわたる人間形成に努める 十日町剣友会が創立60周年式典
▼希望が持てる社会の実現を! 十日町地区メーデーに450人
▼魚沼地域は14.4%増 平成23年度スキー場入込状況
▼老人クラブが地域の絆の核に 市老連の定例総会で櫻井会長
▼(株)美郷が新社屋・惣菜工場を新築 6次産業化の事業拡大へ向けて
▼新成人644人の門出を祝う 十日町きものまつりに市成人式
▼夢に向かって歩き続けて 津南町成人式、今年の新成人は169人
▼14団体に支援品寄贈 イオン十日町店が黄色いレシートキャンペーンで
▼運動会で思う存分に走ろう! 橘小学校PTA活動でグラウンドの雪消し など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS