2016年 06月01日 (水曜日)

カテゴリー

2016年05月26日

クロアチアホストタウン事業がスタート 東京五輪を機会にスポーツ交流等推進へ

160526_01.jpg

 クロアチアホストタウン推進事業プロジェクト会議が18日、十日町市役所大会議室で開催された。十日町市とクロアチア共和国は2002年のFIFAワールドカップ日韓大会で、クロアチア代表が当間高原リゾートでキャンプを張った時から交流が始まった。昨年末に東京五輪パラリンピック組織委員会にサッカー競技などの事前キャンプ地として意思表示して、今年1月に「クロアチア共和国を相手国としたホストタウン」に認定された。
(写真:プロジェクト会議で挨拶する関口市長)
《本紙5月26日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月26日号は・・・・
▼十日町ロータリークラブが創立60周年記念式典 市民文化ホールに新市民憲章石碑贈呈
▼十日町織物工業協同組合が総会 県十日町地域振興局の新施策を発表
▼今夏に川西商工サミットを開催 川西商工会総会、会員増強で組織率向上も目指す
▼着地型の観光、住民が地元再発見を 津南町観光協総会、27年度観光入込みは56万人
▼庭野日敬師に学ぶ会が通常総会 役員改選で庭野雅弘会長を再任
▼市民の健康づくりさらに充実を ネージュSC総会、上村良一理事長ら再任
▼市の今冬除雪比は12億4600万円 前年冬の半分以下に
▼自然と人の営みの美 三ツ山「田毎の月」に県内外から300人超
▼為末元五輪選手ら田植え体験 芸術祭作品「カバコフの棚田」で
▼日本一の大河で川下りも 越後田舎体験事業で首都圏の学生が農村体験〔AR動画あり〕
▼地元伝統文化のきものを学ぶ 十日町小6年きものサークルが開講
▼樋熊フサ子さんが会員推挙に 第68回三軌展写真部門で
▼林道脇の水田に車ごと転落 姿第一の高齢男性が死亡 など

◇紙面にAR採用!スマホを使って写真や広告から動画が見れます。詳しくは→こちら

☆★☆十日町新聞は十日町市・津南町の新聞販売店・コンビニで販売中☆★☆

2016年05月19日

縄文文化の再認識で聖火台実現を 「日本遺産」認定後初の縄文サミット

160519_01.jpg

 「『なんだ、コレは!』信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」が文化庁の「日本遺産」認定後初となる、5市町村組織の「信濃川火焔街道連携協議会」による「第15回縄文サミット」が11日、ニュー・グリーンピア津南で開催された。森長岡市長は「縄文文化発信の中で聖火台採用がある」と訴え、世界に誇るべきオール日本の縄文文化のさらなる発信と国内外への認識向上、その縄文文化を代表する火焔型土器の聖火台モチーフ採用への気運醸成などに向け、「日本遺産」認定は大きな意義があると5首長と顧問の小林達雄氏(國學院大名誉教授)が結束。今後様々な取組みを進める方針だ。
(写真:認定を受け縄文文化発信を誓う5首長と小林氏)
《本紙5月19日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月19日号は・・・・
▼きもの産地・十日町を支え続けて 十日町繊労が盛大に70周年記念式典挙行
▼市議会定数は2人削減の24人が濃厚 議会改革特別委で7割占める4会派賛成
▼裁判所移転に万全尽くす 関口市長が養護学校建設に期待感
▼死亡交通事故ゼロ10年まで1年余 中里地区建設業協会が交通安全大会で達成誓う
▼熊本地震被災者の一筋の光に 十日町市が南阿蘇村に職員9人を派遣
▼少しでも手助けになれば 南中生徒会が熊本地震被災者支援で募金
▼被災者と研究者による冊子を出版 「忘れまい3・12長野新潟県境地震」
▼カナダでの語学体験を報告 市内3中学生が関口市長に
▼牧場にも春が来た! 県営妙法育成牧場で放牧始まる〔AR動画あり〕
▼両国国技館めざし熱戦展開 わんぱく相撲十日町場所、東小の関真成君ら優勝
▼サボテンの世界を堪能 農舞台で小田康平の多肉植物展
▼住宅と車庫が全焼 太田島第2で火災、高齢女性が頭に火傷
▼横断歩道で歩行者はねる 高齢女性死亡、三条市の男性逮捕 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社で販売しています☆★☆

牧場に春が来た! 妙法育成牧場で放牧始まる

160519_02.jpg

 津南町上郷宮野原の県営妙法育成牧場(増子正弘場長)で12日、乳牛の放牧が始まった。
 標高630mから950mに位置する同牧場。例年、冬期間は3mを超す積雪となり、放牧地は約半年間雪に閉ざされる。少雪だった今冬は、最高130cmの積雪にとどまり、昨年より24日早い放牧開始となった。
 同牧場では、県内の酪農家から生後9ヵ月の乳牛を預かり、高能力牛の受精卵移植や優良精液の人工授精を行い、約1年間育てて受胎を終えた牛を酪農家に返している。近年は飼料価格の高騰や預託制度の変更により預託希望が増えており、今年度は約170頭の受け入れを予定している。
 放牧された牛は、約105ヘクタールと県内一の面積を誇る放牧地で11月上旬まで放し飼いされる。標高差の大きい広大な放牧地を走りまわり、豊富な牧草を食べることで、牛たちは体格の良い健康体に成長、1日約1kgも体重が増える牛もいるという。
 この日、職員により牛舎のゲートが開けられると、牛たちは軽い足取りで冬期間過ごした牛舎を飛び出し、バイクに乗った職員に追われながら約3km離れた牧草地まで移動。初夏の日差しの中、気持ち良さそうに新緑の牧草を味わっていた。
《本紙5月19日号1面より》

◆〔AR動画〕スマホなどを使って紙面の写真から放牧の様子が動画で見れます
 詳しくは→http://www.tokamachi-shinbun.com/archives/01000/01008/
 動画の試聴は→http://aro.coco-ar.com/upload/U140228010/Aro/O160518831/0/20160518101426_7280a.mp4

2016年05月13日

太田島第2で住宅など全焼

160513_01.jpg

 13日午後0時20分頃、市内太田島第2の会社員・金澤鉱樹さん(47)方で建物火災が発生していると通報があり、消防車が出動した。
 火は金澤さん方の住宅と隣接する車庫の2棟(ともに木造2階建て)を全焼、午後4時に鎮火した。
 金澤さん方は家族3人暮らしで、出火当時住宅にいた金澤さんの母親・ヨシエさん(87)が頭に軽い火傷を負い、病院に搬送された。出火原因は十日町署で調査中。
(写真:黒煙をあげて激しく燃える住宅、午後0時40分頃)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS