2022年 05月22日 (日曜日)

カテゴリー

緊急ニュース



2022年05月21日

【新型コロナ】十日町市で2人が感染

 新潟県は21日、十日町市で2人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 21日に発表された県内の感染者は374人(新潟市176人、その他市町村198人)。十日町保健所管内でのこれまでの感染確認は合計1707人となった。

 また県は20日、県立津南中等教育学校の生徒1人の感染を発表した。同校は同日から一部臨時休業している。

● 過去の新型コロナ関連速報記事は →カテゴリー「新型コロナ感染状況」へ

2022年05月19日

市総合公園近くで林野火災 山林の下草など焼く

220519_02.jpg

 19日午後2時30分すぎ、市内山本で林野火災が発生していると通報があり、消防車が出動した。
 現場は十日町市総合公園テニスコート近くの農地脇の山林で、火は山林の下草などを広く焼き、午後3時22分に鎮圧状態となった。負傷者はない。
 焼失面積や出火原因は十日町署で調査中。
(写真:消火活動が行われる火災現場)

2022年02月25日

津南町中子で住宅火災

220225_01.jpg

 25日午後3時50分頃、津南町中子で建物火災が発生していると119番通報があり、消防車が出動した。
 火は同所の無職・佐藤知也さん(44)方から出火、木造2階建て住宅を全焼し、午後5時55分に鎮火した。この火災による負傷者や延焼はなかった。住宅の周囲には4メートル近い積雪があり、難しい消火活動となった。出火原因は十日町署で調査中。
(写真:鎮圧後、雪の上から燃えた住宅を調べる消防士)

2022年02月23日

【大雪】十日町市と津南町に県災害救助条例適用 津南は18豪雪以来の積雪4m超

220223_01.jpg

 20日から降り続く大雪により積雪が急増しており、新潟県では23日、十日町市、津南町などに県災害救助条例を適用した。救助として市町が実施した障害物の除去に係る費用の一部を県が負担する。
 積雪の急増により雪の被害が予想されることから、津南町では同日午前9時に豪雪対策本部を設置、十日町市も午前11時に豪雪災害対策本部を設置し、警戒にあたっている。
 23日午後1時現在の積雪(アメダス)は、十日町(小泉)が288cm、津南(豊郷)が399cm。津南は午前11時に412cmを観測しており、平成18年豪雪があった2006年以来16年ぶりに積雪が4メートルを超えている。
(写真:積雪が4メートルを超えた津南町豊郷集落・23日)

【追記】
 十日町市では、屋根雪等の捨て場の確保が困難になってきていることから、24日から3月4日までの期間、市の雪捨て場5箇所を一般に開放する。時間は午前9時から午後4時半まで。
 場所は十日町橋右岸側堤防沿い(高田町6丁目)、妻有大橋左岸下流(川西上新井)、宮中橋左岸側下流(中里宮中)、青葉住宅団地奥(松代青葉)、松之山なめこ工場向かい(松之山新山)。

2022年01月13日

松代苧島で住宅火災

220113_02.jpg

 13日午前10時34分頃、市内松代地区・苧島の柳利彦さん方で火災が発生し、消防車が出動した。
 火は柳さん方住宅(木造2階建て)をほぼ全焼したとみられ、消火活動により火勢は鎮圧に向かっている。火災の原因、負傷者の有無などは十日町署で捜査中。
(写真:消火活動が行われる火災現場・13日正午頃)

【追記】
 火は午後2時36分に鎮火した。この火災による負傷者や延焼はなかった。焼失面積や出火原因などは十日町署で調査中。

2022年01月02日

雪下ろし中に転落、松代の高齢男性死亡 除雪作業中の事故相次ぐ

 2日午後2時5分頃、市内松代の無職・小野島勝海さん(89)が自宅の屋根の雪下ろし中に転落した。小野島さんは病院に搬送されたが、外傷性ショック死により午後3時19分に死亡が確認された。
 十日町署によると、小野島さんは1人暮らしで、1人で3階建ての自宅の屋根の雪下ろしをしていたところ、約7メートル下の圧雪面に転落した。近くで雪下ろしをしていた隣家の住民が転落するところを目撃し119番通報した。事故原因は同署で調査中。
 市内では、30日夜にも田麦の会社員・福崎正道さん(65)が除雪機に巻き込まれて死亡する事故が発生するなど除雪作業中の事故が相次いでいる。

2021年12月05日

天池で住宅火災 1棟全焼

211205_01.jpg

 5日午後6時50分頃、市内天池で建物火災が発生していると通報があり、消防車が出動した。
 現場は天池集落内の住宅で、火は木造2階建住宅1棟を全焼、隣接する住宅に燃え移らないよう懸命な消火作業が行われている。負傷者はないもよう。
 近所の人によると、火元の住宅は人が住んでおらず、別の場所に住む持ち主がよく訪れ、今日も訪れていたという。
 消火作業のため県道当間・土市停車場線は同所付近で通行止めとなっている。
(写真:建物全体が激しく燃える天池の住宅・午後7時15分頃)

【6日午前9時30分追記】
 十日町署によると、出火したのは井口捨三郎さん所有の住宅で、火は同住宅約157平方メートルを全焼し、6日午前0時25分に鎮火した。類焼、負傷者はなかった。出火原因は同署で調査中。

2021年07月09日

本町5のアパート直下で土砂崩れ 住民に避難呼びかけ

210709_01.jpg

 9日午後4時40分頃、市内本町5丁目と上川町の境にある崖が崩れているのを付近の住民が発見した。
 現場は本町5のアパート「シルクガーデン」(8室)の直近で、崖は高さ7メートルほど、コンクリート壁で覆われている。土砂崩れはコンクリート壁の下部が、高さ約3メートル、幅約4メートルにわたって崩れ、崖内部の土砂がコンクリート壁を押し倒して流出している。
 警察では現場周辺(同アパートと上川町の住宅3軒)の住民に避難を呼びかけている。
(写真:土砂崩れ現場、上川町側から撮影・9日午後5時40分頃)

2021年05月16日

津南町谷内で火災、住宅や作業小屋など全焼

210515_01.jpg

 15日午後5時すぎ、津南町谷内の農業・内山芳栄さん(58)方の作業小屋で火災が発生したと家人から119番通報があり、消防車が出動した。
 火は強風にあおられ同じ敷地内にある母屋(木造2階建て)、車庫、きのこ作業場などに延焼、火元の作業小屋や母屋などを全焼し、午後8時58分に鎮火した。内山さん方は家族3人暮らしで、出火当時3人とも家にいたが、怪我はなかった。焼失面積や出火原因など詳細は十日町署で調査中。
(写真:全焼した内山さん方・15日午後6時20分頃)

2021年01月10日

大雪で十日町市に災害救助法適用、市が豪雪災害対策本部を設置

 連続降雪により災害発生の危険性が高まっていることから、新潟県は10日、十日町市など5市に災害救助法の適用を決めた。これを受け、十日町市は市長を本部長とする豪雪災害対策本部を設置した。
 十日町市の積雪は10日午後2時現在、アメダス(小泉)で293センチを観測。市内では同時現在でこれまでに人的被害16件(死者1人、重傷者5人、軽傷10人)、建物被害15件(全壊3件、一部損壊9件、床上浸水1件、床下浸水2件)の被害が発生している。
 市では、除雪作業中の事故や交通事故、なだれなど雪による事故に十分注意するよう呼びかけている。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS