2024年 04月25日 (木曜日)

カテゴリー

選挙



2024年04月18日

〈十日町市長選〉樋口明弘氏が立候補を表明 JR水力発電の地元還元求める意向

240418_01.jpg

 市内川治の千歳不動産代表・樋口明弘氏(76・土市2)がこのほど、来年4月の任期満了に伴う十日町市長選挙に出馬の意向を表明、11日にサンクロス十日町で記者会見を開いた。樋口氏は2013年、2017年の市長選に続き3度目の挑戦。来年6月に迫ったJR東日本の水利権更新に際し、電気代の地元還元による企業誘致促進、雇用創出を掲げる。また大地の芸術祭や地域おこし協力隊に反対の立場をとり、4期16年にわたる関口市政に真っ向から立ち向かう形だ。
〔写真:来年の市長選への立候補を表明した樋口氏(右)と登坂後援会長〕
《本紙4月18日号面記事より抜粋》

十日町新聞4月18日号は・・・・
▽十日町産地の底力を全国に発信 きものフェスタ、来年は節目の100周年記念に
▽特別賞は吉澤、青柳、はぶきに きものフェスタ審査結果
▼フリー金賞は大阪の横谷節子さん、新設の衣桁は岐阜市の藤井美紀子さん 第20回きものの街のキルト展
▼水田中干し延長で温室ガス削減 津南町、国のクレジット化制度利用し農家収入に
▼地域密着、ミッション型5人が着任 十日町市地域おこし協力隊委嘱状交付式
▼ITの知見をまちづくりに 津南町、初の地域活性化企業人が着任
▼豪雨・猛暑から河川環境守る対応を JR東日本発電取水総合対策市民協
▼売上届かずも応募は3倍に まるせん春の売り出し抽選会
▼生越清允さんが洋画で最優秀賞 アークベル県民アマチュア絵画展
▼水落桃花さんが全国総文祭へ 写真作品「祭男」で、十高写真部から2年連続
▼十日町クラブが準優勝、北信越へ 壮年ソフトボール大会県予選会
▼FC越後妻有が初戦飾る 北信越女子サッカーリーグ、北陸大に4-2で白星発信
▼オリエンテーリングで親睦深める 総合高1年生が愛着持とうと市街地散策
▼川治小で交通安全出会いの会 1年生には防犯ブザー配布
▼【きせつの窓】雪国の春を謳歌 市内各地で桜が満開
▼事務所荒らしで四日町新田の40代男性逮捕 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

2023年11月30日

魚沼地域の課題を国政に届ける 高鳥修一を支援する三魚沼連絡協議会発足

231130_01.jpg

 十日町市、南魚沼市、魚沼市の市議会議員45人からなる「高鳥修一を支援する三魚沼連絡協議会」(会長・遠田延雄十日町市議)が26日に設立され、ラポート十日町で発足式が開かれた。同会は各市の自民系議員で構成。目的を「新潟県の発展と魚沼圏域の生活向上を図るため、高鳥修一氏の政治活動を積極的に支援する」などとしている。発足式には各市の市長や地域選出の3県議も来賓として名を連ね、高鳥氏に対する期待や応援の言葉を述べた。今後、会では関係団体との連携や国への要望活動等を主に活動し、衆議院選挙を見据えて新5区の自治体同士で連携を強める狙いだ。
〔写真:発足会で「ガンバロー」コールを行う高鳥氏と三魚沼の議員ら〕
《本紙11月30日号面記事より抜粋》

十日町新聞11月30日号は・・・・
▼情報共有と多職種連携の必要性説く 妻有地域包括ケア研究会、多彩な分野から参加し実践発表会
▼「妻有福祉マッチボックス」立ち上げ福祉人材の採用を促進 妻有地域包括ケア研究会
▼十高100周年に向け準備を 十高同窓会同窓生の集い、来年2月に新潟支部を設立へ
▼目標を大幅に上回り手応え感じる とおかまち秋の大売り出し抽選会
▼協和建設、生越土建、鈴木土建に 令和5年度十日町市優良工事表彰
▼松乃井と津南醸造が優秀賞 関東信越国税局酒類鑑評会
▼海外コンクールで入賞 苗場酒造、「醸す森」と新ブランド「深然」
▼鉄道むすめ「松代うさぎ」 北越急行のキャラがデビュー
▼多様な生徒の実態に合わせる教育 十高定時制の池教頭らがひきこもり支援講演会
▼皆で歌を楽しみ健康に 「波輝」池田克人さんが地域初の歌謡講師資格を取得
▼指定ごみ袋値上げなど 十日町市が廃棄物処理手数料改定へ
▼保育園はもう一つのお家 山本愛泉保育園、50周年記念感謝礼拝で節目祝う
▼妻有NEXUS軟式部がキャッチボール県大会で優勝 来月9日、福島での全国大会へ
▼僅か1年で1部リーグ復帰果たす アルティスタU-15が県サッカー2部リーグで優勝
▼「もう一度みんなで一緒に学ぼう災」 小学生防火標語、橘小の水落心華さんが最優秀賞
▼雪に咲くひまわり 季節外れの開花に驚き
▼道路横断中の高齢女性はねられ重体 中条の国道117号線で など

2023年10月26日

〈津南町議選〉新人の月岡奈津子氏がトップ当選 新人健闘、3現職・1元職が涙のむ

231026_01.jpg

 任期満了に伴う津南町議会議員選挙(定数12―立候補16)が22日投票され、即日開票の結果、12人の新しい顔ぶれが決まった。告示1カ月前に出馬を決めた新人の月岡奈津子氏(54・中深見)が778票の大量得票でトップ当選を果たし、昨年の補欠選挙で無投票当選した江村大輔氏(39・巻下)が681票獲得し2位当選した。一方で、歴代最多となる連続8選を目指した草津進氏(74・赤沢)をはじめ70歳代の現職3人、元職1人が涙をのむ結果となった。また、桑原義信氏(71・船山)の落選により36年にわたり2議席を維持してきた共産党は1議席を失うこととなった。定数削減、4人超過の激戦は注目を集め、投票率は過去最低だった前回を2・32ポイント上まわる74・8%だった。
〔写真:家族や支持者とともに初当選を喜ぶ月岡氏(右から3人目)〕
《本紙10月26日号面記事より抜粋》

十日町新聞10月26日号は・・・・
▼〈津南町議選〉「選挙のハードル下げたい」 滝沢萌子氏がSNSやポスター使い異色の戦い
▼審査で美味しさを改めて実感 JA十日町米米米グランプリ、最優秀賞は松之山の小野塚明さん
▼公共温泉の利用料を最大200円値上げ 十日町市、物価高騰等うけ
▼健康果実で地域活性化を 全国さるなし・こくわサミット開催
▼訓練、育成に役立ててと40万円贈呈 建設業協会十日町支部が災害救助犬十日町に
▼なかまの家でボラ作業 丸山工務所・松隆会が屋外を中心に整備
▼高橋赤山初代校長の碑を建立 川治小150周年記念式典、全児童で記念ソングを披露
▼子ども達は地域の応援団 上野小150周年式典、アイデア満載の児童歌を初披露
▼過去から現在、現在から未来へ  中条小150周年式典、笑顔と感謝溢れる式典挙行
▼生まれ故郷で初の水彩スケッチ画展 南鐙坂出身の菅野光男さん
▼小杉莉央、根津彩羽が全国制覇 全日本一輪車大会、全日本王者をコーチに招き成果
▼会長賞に関沢すみれさん 十日町法人会税の絵はがきコンクール
▼都大路へ「思いが強いものが勝つ」 県高校駅伝1日号砲、昨年アベック優勝の十日町高
▼【中学駅伝展望】前人未到の男女アベック3連覇目指し 南中学校
▼【中学駅伝展望】男子は選手層の厚さ、女子は勢いが強み 十日町中学校
▼3台絡む事故で5人軽傷 市議乗車のマイクロバス巻き込まれ など

2023年10月22日

津南町議選・開票結果

 任期満了に伴う津南町議会議員選挙(定数12ー立候補16)の投票が22日に行われ、即日開票の結果、新人の月岡奈津子氏がトップ当選を果たした。一方、現職3人と元職1人が涙をのむ結果となった。

<津南町議選開票結果> 
月岡奈津子(無新) 778 当
江村大輔(無現) 681 当
恩田稔(無現) 445 当
久保田等(無現) 398 当
村山郁夫(無新) 393 当
滝沢萌子(無新) 351 当
吉野徹(無現) 342 当
風巻光明(無現) 337 当
石田タマエ(無現) 295 当
桑原洋子(共現) 279 当
関谷一男(無元) 254 当
筒井秀樹(無元) 252 当
草津進(無現) 235 次
小木曽茂子(無現) 211
桑原義信(共現) 190
半戸義昭(無元) 183

午後8時16分確定

当日有権者数7576人、投票者数5667人、棄権者数1909人、投票率74.8%(前回72.48%)

2023年10月19日

〈津南町議選〉定数削減で4人超過、かつてない激戦に 現職10、新人3、元職3人が出馬

231019_01.jpg 231019_02.jpg

 任期満了に伴う津南町議会議員選挙が17日に告示され、定数12に対して現職10人、新人3人、元職3人の合計16人が立候補、4人超過の激戦となっている。今回より定数が2減の12となり、比較的早い段階で選挙戦は濃厚と見られていたが、9月中旬以降、新人3人が相次いで出馬を表明、定数を4人も上まわる形で告示を迎え、5日間の選挙戦に突入した。今回は16人中5人が女性と女性候補の人数が過去最多、一方で70歳代の候補が9人と過半数を超えている。投票は22日午前7時から午後6時まで(一部午後5時まで)町内16投票所で行われ、午後7時から町役場で即日開票される。大勢は午後8時頃に判明する見込み。16日現在の有権者数は7604人(男性3725人、女性3879人)。    
〔写真:立候補者の訴えに耳を傾ける有権者(17日)と立候補者の選挙ポスター〕
《本紙10月19日号面記事より抜粋》

十日町新聞10月19日号は・・・・
▼100年続く集落を目指して 中条・池谷のNPO地域おこしが棚田学会賞受賞
▼東京五輪・パラ提供の木材を再利用 十日町建築組合が遺産としてテーブルとイスを製作
▼産業発信フェア開催 4年ぶりの実施で賑わう
▼日本酒ファンで賑わった2日間 十日町JCが酒まつり開催
▼6年ぶり、雨でも賑わう 中里商工祭AZASU
▼公民館まつりとコラボで大賑い 吉田中生徒が企画のYOSHIDA祭
▼地域に寄り添うアピールブース 新潟縣信用組合の市内3店舗で
▼南中が男女アベック3連覇 中越地区中学校駅伝、十日町勢で区間賞を独占
▼市スポーツ少年団副本部長の樋口範行氏に日本スポーツ少年団顕彰
▼体力づくり支援センター選手が活躍 県マスターズ水泳競技大会
▼秋の六箇を歩いて満喫 妻有街道歩け歩け大会
▼ゴーカートに加えこども動物園も 桂公園こどもランド
▼【中学駅伝展望】絆を深めて笑顔で終われる大会に 川西中学校
▼【中学駅伝展望】伸びしろ感じ、コースに合った走りで 中条中学校 など

2023年06月29日

議員定数は5減の19に 十日町市議会が改正条例案可決

230629_01.jpg

 十日町市議会の令和5年第3回定例会が16日から開かれ、最終日の26日には、議会発で「十日町市議会議員定数の一部を改正する条例」案が提出され、現在の議員定数「24」を「19」まで削減する条例案が賛成多数で可決された。同条例は次回の市議会議員一般選挙から適用され、2017年の改選時に26人から24人に削減されて以来の定数改正となる。
(写真:定数削減案を賛成多数で可決した十日町市議会)
《本紙6月29日号面記事より抜粋》

十日町新聞6月29日号は・・・・
▼明石の湯改修の補正予算が可決 十日町市議会、4項目の「付帯決議」で当局に注文
▼就学支援制度等を知らせ関心を高める 十日町看護学校入学者数減少に花角知事
▼子宮頸がん検診は20〜30歳まで無料を検討 市議会一般質問
▼折り合いながら進めていくしかない 膠着する医師確保策で桑原町長
▼下条夏まつり花火大会終了 下条商工青年会、会員減少で
▼青柳安彦前市観光協会長に県観光功労者表彰 産業観光振興に寄与
▼再来年の50周年記念に向け準備を 十日町・コモ姉妹都市交流協会が総会
▼後継者育成と神社の存続に力添えを 中魚沼支部神社総代会総会
▼地域の宝・子ども達のために役立てて 大海組が松之山3教育施設に500万円寄付
▼地域総出で公園のお手入れ 八箇あじさい公園、1日から「あじさい祭り」
▼ライオンズの森のウッドチップコース等を整備 十日町LC、南部振興会、陸上部員が作業
▼森先制弾!決め切るヘッド FC越後妻有、サポートメンバーも躍動で連勝
▼幸福のために学びを行動に移す 川治小150周年記念講演会で中田河井継之助記念館長が説く
▼樋口孝夫氏に少年補導栄誉銅章贈る 22年間の青少年健全育成活動で など

2023年04月13日

〈県議選〉尾身、小山氏が激戦制し再選果たす 野党共闘の藤ノ木氏はあと一歩及ばず

230413_01.jpg 230413_02.jpg

 新潟県議会選挙は9日に投開票が行われ、即日開票の結果、十日町市・津南町選挙区は自民現職の尾身孝昭氏が1万1472票を獲得、8期目の当選をトップで飾った。2位には同じく自民現職の小山大志氏が1万975票を得て、2期目を迎えることとなった。野党共闘で2回目の挑戦となった新人の藤ノ木浩子氏は8628票を獲得したものの保守の壁は厚く、悲願の議席奪取はならなかった。投票率は県全体が46.38%で、過去最低を記録した。十日町・津南選挙区は、令和元年度の前回と比較して、十日町市は3.38ポイント減の61.79%で過去最低。津南町は2.06ポイント減の68.36%で、過去2番目の低さだった。両市町を合わせた投票率は62.79%だった。
(写真左から:8期目を示すグッズを贈られ笑みがこぼれる尾身氏、支持者と共に万歳で2選を喜ぶ小山氏)
《本紙4月13日号面記事より抜粋》

十日町新聞4月13日号は・・・・
▼看護師目指し28人が新たに入学 県立十日町看護専門学校、開校4年目で初めて本格的な入学式
▼コロナ禍前以上の規模に 第47回きものまつり実行委、染織ワークショップなど新企画も
▼令和7年には水利権の更新 JR東発電取水対策市民協
▼カラオケ・インドアゴルフが楽しめる 十日町木工が高山バイパスに「バーディ」オープン
▼協力隊3人が退任、定住へ 小林、佐藤、久保田さんが報告会
▼笹沢少年消防クラブに総務大臣賞など 消防庁の優良少年消防クラブ表彰
▼FC越後妻有が初戦飾る 北信信越女子サッカー、石川に1-0勝利で好発進
▼3つの約束を誓ってスタート 十日町小学校が34人の新入生迎え入学式
▼思い出の桜にお別れ 水沢小学校、ライトアップに地域住民集う
▼市町の保育園に絵本118冊寄贈 ろうきん十日町支店推進委が
▼未使用タオル200枚寄贈 十日町法人会女性部が三好園しんざに
▼竹内ハルさんが写真で銀賞、佐藤、福嶋さんも入賞 肢体不自由児者全国写真美術展
▼芯の先の小さな世界を堪能 高橋雅人さんがえんぴつ彫刻展 など

2023年04月09日

<県議選・十日町市中魚沼郡> 十日町市・津南町開票結果

 県議選十日町市中魚沼郡選挙区(定数2―立候補3)は開票の結果、自民党の現職、尾身孝昭氏と小山大志氏の当選が決まった。

■選挙区開票結果
尾身孝昭(自・現) 11,472票 当選
小山大志(自・現) 10,975票 当選
藤ノ木浩子(無・新) 8,628票


□十日町市開票結果  開票率100%
尾身孝昭(自・現) 10,314票
小山大志(自・現) 9,090票
藤ノ木浩子(無・新) 6,488票

当日有権者数42,223人、投票率61.79%(前回65.17%) 投票率は過去最低


□津南町開票結果  開票率100%
藤ノ木浩子(無・新) 2,140票
小山大志(自・現) 1,885票
尾身孝昭(自・現) 1,158票

当日有権者数7,617人、投票率68.36%(前回70.42%)

2023年04月06日

〈県議選〉生き残りかけ激しい選挙戦 小山、尾身、藤ノ木の3氏が立候補

230406_01.jpg

 新潟県議会選挙は先月31日に告示され、十日町市・津南町選挙区は届け出順に自民現職の小山大志氏、同じく自民現職の尾身孝昭氏、無所属新人の藤ノ木浩子氏の3氏が立候補し、9日の投票に向けて9日間の激しい選挙戦を展開している。尾身氏が8期目、小山氏は2期目を目指すのに対し、共産新人で挑んだ前回に続いて2回目の挑戦となる藤ノ木氏は、今回、野党共闘により無所属で立候補。県内11の2人区のうち、唯一議席を独占している自民が2議席を確保するか、それとも野党陣営が悲願の議席を獲得するかが注目されている。
(写真左から:第一声をあげる小山、尾身、藤ノ木の3氏)
《本紙4月6日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月6日号は・・・・
▼〈明石の湯問題〉関口市長が市議会産建委で異例の説明 明石の湯は限定営業で当面継続、継続審査は5月の臨時会までに判断へ
▼婚活支援で十日町市と小千谷市が連携 両市会員のマッチングやイベントなど展開
▼コロナ対策の医師会などに感謝状 十日町市褒章、産業振興の徳永敏朗氏ら18人に授与
▼農山村から地方創生を考える まちづくりフォーラム、移住者がパネルディスカッション
▼びっくり行燈の観光タクシー 森宮交通ら協会加盟社がサミット
▼糸魚川のあんこうの吊るし切りを披露 大野屋重機建設、重野専務の青年会議所繋がりで実現
▼コロナ時代の経験を糧に きものブレインで入社式、大卒・専門卒7人が入社
▼シーズン開幕で「地面出し」 FC越後妻有が地元住民らとグラウンドを除雪
▼双六やクイズで日本の自然を学ぶ 中等卒業生の森の三方よしが津南の森教室開催
▼ゆでたまごが初出場で3位に 日本ユニバーサルボッチャ選手権大会
▼特殊詐欺防止で感謝状 セブインイレブン津南正面店の大口陽向さんに
▼市職員騙り還付金詐欺 60代女性が8万5千円騙し取られる
▽【県議選・寄稿特集】「私は支持します」 など

2023年02月02日

〈県議選〉より強い野党共闘で悲願の議席獲得を 藤ノ木浩子氏が支持拡大狙い無所属出馬を表明

230202_01.jpg

 来月31日告示、4月9日投票の新潟県議会議員選挙に立候補を表明している藤ノ木浩子氏と日本共産党十日町市委員会などは30日、段十ろうで記者会見を開き、立憲民主党や社会民主党の地区代表らも立ち会う中、同選挙では野党統一候補として無所属で立候補することを表明した。初出馬となった前回選では共産党公認候補として戦った藤ノ木氏。共産党系候補が無所属で野党統一候補となるのは異例で、県議選では例がない。今回は政党色を薄めることで野党系や無党派層などの支持を広く集め、悲願である十日町市中魚沼郡選挙区(定数2)での野党系候補の議席獲得を目指す考えだ。同選挙区には藤ノ木氏のほか現職の尾身孝昭氏(69)、小山大志氏(45)が自民党公認候補として立候補する予定で、3氏による三つ巴の戦いとなる公算が大きい。
(写真:共産党公認でなく無所属での立候補を表明する藤ノ木氏・右)
《本紙2月2日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月2日号は・・・・
▼「やり方が乱暴」市に不信感 明石の湯閉鎖問題で1期目市議が振興会役員と意見交換
▼大好きな野球を続けるために改革を 大渕隆日ハムスカウト部長が講演
▼〈全国JA広報大賞〉JA十日町が総合部門で準大賞 広報誌、HP、SNS等に高い評価
▼世界一レストランに「十日町のサルナシ」 (株)藍匠、産地では今秋に全国サミット、GI登録も
▼高橋多一郎さんに緑十字金章、高橋清一郎さんに銀章 多年の貢献で交通栄誉章
▼27年間民生・児童委員を務め全国表彰 功労者として土市第5の高野恒善氏に
▼現代アートで雪の魅力を再考 大地の芸術祭の里2023冬、MonETと農舞台で企画展
▼「農ある女子は、夢隠さず!」 県ふるさとCM大賞、FC越後妻有出演の市CMが完成
▼おいしさを多くの人に伝えたい 中条小5年生が自ら栽培のお米を販売
▼伝統の寒稽古で心身を鍛える 十日町剣友会、級位審査で全員昇級の成果も
▼268点からグランプリ決定 桂公園Webフォトコン、子育て家族に賞金総額約20万円
▼管内4福祉団体に15万円寄贈 労金十日町支店推進委「あんしんスマイルプロジェクト」
▼市博物館で消防訓練実施 重要な鑑賞者誘導訓練など
▼生菓子食べ58人が食中毒 複数人からノロウィルス検出
▼ドラックストアから医薬品など23万円分を万引き ベトナム国籍の男性逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS