2022年 09月29日 (木曜日)

カテゴリー

スポーツ



2022年09月01日

〈北信越女子サッカー2部〉FC越後妻有が優勝、1部昇格 ホームで決めた!負けなしで圧倒

220901_01.jpg

 北信越女子サッカーリーグ2部の「FC越後妻有」は28日、クロアチアピッチで行われたAC信州大学戦に3―1で勝利し、リーグ優勝と1部昇格を決めた。棚田保全活動や芸術祭運営に携わりながらサッカーに取り組む「農業女子サッカーチーム」として2015年に設立された同チームは、所属選手2人でスタート。20年には初めてチームとして単独出場した県女子サッカーリーグで全勝優勝を達成し、北信越2部に昇格。21年シーズンは同率2位となるも得失点差で昇格を逃し、涙を飲んでいた。元井淳監督体制になって2年目の今年はチームの一体感も増し、1引き分けのみの負けなし。28日の勝利で通算6勝1分とし、最終戦を待たずに優勝が決まった。
(写真:サポーターと歓喜の記念撮影)
《本紙9月1日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月1日号は・・・・
▼感染数依然高止まり 新型コロナ、市町で1日あたり最多更新 
▼メロン栽培で新たな雇用、産業を! 松代ハイテクファーム、将来は「雪どけシリーズ」展開も視野に
▼原発30キロ圏内議員研が要請書 十日町市に東電との安全協定締結を求める
▼公共交通の課題明らかに 市公共交通活性化協議会、令和6年度計画策定に向け議論
▼都市計画道路見直しの素案説明会 川西地域、中央通り線など歩道の幅員を縮小
▼21日間に5万3千人が来場 3年ぶりの津南ひまわり広場、例年並みの入込みに
▼“ポイ活”アプリで商店街に賑わいを 田麦そばが「ZOOO REWARDS」を導入
▼25年の松之山との交流を記念し 岡野真吾氏が市に200万円のふるさと納税
▼地元のおもてなしを堪能 ツールド妻有、3年ぶり現地開催に800人
▼本格ウッドチップランニングコースが完成 ライオンズの森に十中駅伝部、十日町LCなどが整備〔AR動画あり〕
▼第1回十日町RC杯車いすバスケ大会開催 栃尾から参加のヨーダチームが優勝
▼3年ぶりに八角神輿が町内を渡御 十日町おおまつり、担ぎ手の抗体検査など安全策を実施して
▼「みんなのえがお」をテーマに 住友生命こども絵画コンクール、十日町中央支部が展覧会 など

2022年02月03日

〈北京冬季五輪〉宮沢大志、児玉美希世界の強豪に挑む クロカンスキー王国・十日町の夢を乗せ

220203_01.jpg

 北京冬季オリンピックが、あす4日に開幕する。十日町市からはクロスカントリースキーで宮沢大志(JR東日本スポーツ)と児玉美希(太平洋建設SC)の2人が出場し、世界の名だたる強豪に挑む。宮沢はソチ五輪以来、2大会ぶり2回目の出場、児玉は初出場となる。駅伝と並んでクロカンスキー王国として、全国に名を知られる十日町で生まれ育った2人が、夢舞台の五輪でどのような滑りをするのか注目される。徹底した感染症対策で無観客で行われる五輪だが、地元では熱い声援を送って、両選手を温かく見守っている。
(写真左から:笑顔で激励に応える宮沢、児玉の両選手・1月12日)
《本紙2月3日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月3日号は・・・・
▽宮沢大志、児玉美希に熱い応援 応援イベントで世界を目指す子供たちがエール
▽恩師からの応援メッセージ 宮沢、児玉両選手へ激励走行会で
▼〈新型コロナ〉集団感染で高校休校も 十日町高校関連27人、8日間に管内66人
▼自宅療養に物資支援 十日町市、全員が療養・待機の世帯に
▼住民の総意で堤防案の選定を 足滝地区堤防整備検討会、大熊会長の提案で期間延長し議論へ
▼高齢者事故が54%占める 令和3年の交通事故統計、件数・死傷者数は低水準
▼鈴木交通安全協会長に緑十字金章、4氏に銀章 交通栄誉章伝達式
▼特別職等は据え置き 十日町市特別職報酬等審議会
▼十日町市は3位、津南町は特別賞を受賞 第2回ふるさとCM大賞で〔AR動画あり〕
▼宝物を再認識し下条に誇りを! 下条中生徒が全国新保広大寺大会に向け猛稽古
▼樋口美桜さんら4人が優秀賞 中里地区自治防犯協会、中里中生徒の標語でのぼり旗作成 など

2022年01月20日

〈北京冬季五輪〉宮沢大志・児玉美希選手を激励 十日町市スキー協会が壮行会 

220120_01.jpg

 北京2022冬季オリンピックへの出場を確実にした、十日町市出身の宮沢大志(30・JR東日本スポーツスキー部)と児玉美希(25・太平洋建設SC)の激励壮行会が12日、段十ろうで開催された。両選手は12月に北海道で行われた全日本スキー選手権大会・クロスカントリー競技で総合2位以内に入り代表に内定。宮沢選手はソチ大会に続く2度目の出場、児玉選手は初めての五輪出場となる。北京オリンピックは来月4日から20日に開催され、クロカン種目は5日から20日まで、全12種目が行われる。
(写真:恩師らから寄せ書きを贈呈される宮沢・児玉選手)
《本紙1月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月20日号は・・・・
▽五輪内定の先輩にエール 児玉美希選手が母校・吉田小学校を訪問
▼十日町雪まつりは今年も中止 感染拡大うけ、代替企画はなし
▼ワクチン3回目接種を前倒しで実施 十日町市、集団接種は来月14日から
▼対象年齢は20歳のまま 津南町成人式、名称は変更
▼7酒蔵が参加して「越後妻有酒まつり」 オンラインイベントやコラボ料理など展開
▼胡坐をかき膝詰めで本音の意見交換 関口市長「市長とふれあいトーク」が節目の300回
▼ポストコロナを見据え 地域おこし協力に新坂志保さんが新たに赴任
▼無病息災、家業繁栄を祈って 松之山温泉で「むこ投げ」「すみ塗り」〔AR動画あり〕
▼コロナ禍で手を消毒しての「さいの神」 宮下公園で地域住民のみの参加で
▼〈中高スキー県大会〉中学女子リレーは南中が4連覇 我田(十高)、牧田(松代中)が距離2冠
▼松永哲一さんが車いすバスケ天皇杯に初出場 21日から東京で大会、健闘誓う
▼松之山野鳥愛護会が「増補改訂版探鳥のしおり」を制作 まつのやま学園に寄贈、販売も
▼ふるさとへの思いを込めて米づくり 十日町小5年生がきらめき米を販売
▼今シーズンは昇格を叶える! FC越後妻有が市長訪問、応援ダンスの実演も
▼松代苧島で火災 住宅と作業場が全焼
▼来迎寺住職・小林賢有氏が逝去 など

2021年12月26日

【速報】十高女子は33位 全国高校駅伝

211226_02.jpg

 全国高校駅伝大会が26日、京都市のたけびしスタジアム京都発着で行われ、女子で19年ぶりに出場の十日町高校は33位だった。これは同校女子チームの歴代最高順位。
(写真:1区・村山愛美沙から2区・福原陽へのタスキリレー)

2021年12月16日

〈中学・高校駅伝〉南中・十高、全国の舞台へ 全中19日、都大路26日に号砲

211216_01.jpg 211216_02.jpg

 第29回全国中学校駅伝大会が19日に滋賀県で、男子第72回・女子第33回全国高等学校駅伝競走大会が26日に京都府で開催を予定し、十日町市から十日町南中学校と十日町高等学校が全国大会に駒を進めた。中学駅伝の南中は男女アベック出場。男子は25年ぶり、女子は8位入賞を果たした一昨年以来2年ぶりの出場となる。一方の十高は女子チームが平成14年以来の出場を決め、19年ぶりに都大路を駆ける。
(写真上から:南中学校男女駅伝チームと十日町高校女子駅伝チーム)
《本紙12月16日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月16日号は・・・・
▼〈市議会一般質問〉空き家は交渉により所有者が20棟解体 関口市長、制度の周知徹底の方針示す
▼〈町議会一般質問〉保育園建設、議員と方向性を議論 2度の入札不落受け桑原町長
▼上下流で高さを変えた第4案も追加 足滝地区堤防整備検討会、来月の第3回会議で堤防案を決定
▼ベストパートナーが無観客ライブ 30日夜、開発に携わった配信アプリ「Music Champ」で
▼環境経営は経済メリットを生む 三高土木が脱炭素ウェブセミナー
▼改修した陸上競技場に役立てて 市陸上競技協会が市に150万円寄付
▼七夕の願いを叶えて一日総支配人に 内山璃子さんがベルナティオでホテル業務を体験
▼飲酒運転はSTOP! 郡市交通安全対策協議会がキッズポスターで啓発
▼車いすバスケメンバー募集 ネージュSC、チーム名・公式スポンサーも
▽服部勇馬、東京五輪マラソンで執念の完走 聖火リレーに歓喜、感染症拡大で疲弊感も―特集・この一年を振り返る― など


令和4年1月1日号は大幅増ページの新年特集号!
主な記事は・・・
▼〈全国中学校駅伝〉アベック出場の南中が健闘 女子13位、来年は上位入賞目指す
▼宮沢大志2度目、児玉美希は初 北京五輪クロカンスキー代表の座確実に
▼特養みさと苑を中条病院跡に移設、メンタルケア中条は新築 苗場福祉会と厚生連が方針
▼2度の入札不落うけ一旦見合わせ 町立ひまわり保育園増築、桑原町長「断腸の思い」「猛省」と陳謝
▽1年の延期経て施設充実、今夏開催へ 第8回大地の芸術祭特集
▽<新春インタビュー>懐古的な少女像で人気 十日町出身の日本画家・永見由子さん
▽「寅年で新庄監督にあやかりBIGBOSS!」しゃべっちょ軍団の新春放談
▽図画、書、俳句、短歌、詩、川柳―新春文芸作品展―
▽地元政治家・文章家の年頭所感・新春随想 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

2021年11月05日

【速報】南中が県駅伝大会でアベック優勝、全中へ

211105_01.jpg

 全国大会出場を賭けた県中学校駅伝競走大会が5日、小千谷市白山運動公園特設コースで開催され、十日町南が男女アベック優勝を果たした。
 男女とも2回目の優勝で、男子は平成8年以来、25年ぶり。女子は全国大会8位入賞を果たした一昨年以来、2年ぶり。また女子では十日町が3位に入った。
 南は来月19日、滋賀県で行われる全国大会に出場する。
(写真左から:ゴールテープを切る南中アンカーの女子・大塚彩世と男子・丸山由利)

2021年10月28日

【速報】県高校駅伝で十高女子が19年ぶり優勝、都大路へ

211028_02.jpg

 県高校駅伝競走大会女子の部が28日午前に新潟市(デンカビックスワンスタジアム周辺特設コース)で行われ、十日町高校が平成14年以来19年ぶり6回目の優勝を果たした。2位の新潟明訓に大差をつけての圧勝だった。これにより、12月に京都で開催される全国大会(都大路)の出場権を得た。
 なお、男子の部は午後に行われ、十日町勢では十日町が3位、十日町総合が13位だった。
(写真:女子の部でゴールする十日町高のアンカー・山田寿々菜)

2021年08月19日

大会への想いと願いを火に込めて 十日町市と津南町で東京パラ聖火採火式

210819_01.jpg 210819_02.jpg

 24日から開幕する東京2020パラリンピックに向けて聖火の採火が全国で始まり、十日町市と津南町でも採火式が挙行された。両市町で採火された火は16日に新潟市で行われた集火式で県内他市町村の火と集まって一つになり、開催地の東京へと運ばれ、東京パラリンピックの聖火となる。十日町市、津南町の採火式には市町関係者、障がい者福祉施設関係者、第一線で活躍する地域のパラアスリートが参加して、大会への想いや願いを込めながら両市町それぞれの火を採火し、大会の成功を祈念した。
(写真左から:共生社会の実現と平和をテーマしにた十日町市と縄文をテーマにした津南町の採火式)
《本紙8月19日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月19日号は・・・・
▼市内で10人が感染 新型コロナ、感染確認1週間続く
▼3年の改修を経てグランドオープン 清田山キャンプ場、新たに管理棟と見晴らし棟が完成
▼大雨に備え自主避難所開設 足滝では信濃川堤防に土のう設置
▼令和3年度成人式を再延期 津南町、来年5月3日へ
▼「御朱印」授与を開始 中里・田開稲荷神社が改築30周年記念で
▼仏アーティストがMonETで公開制作 自然の力表現した「エアリエル」
▼掌サイズの小さな世界を堪能 大棟山美術博物館で滝澤正彦さん蒐集の豆本を初公開
▼ちょっとした遊び心で作る展覧会 明石書道会、書に親しみ感じてと願い込め
▼地域の素材活かした紙作りを 地元初個展「ペーパーブリュット」
▼川治の農家有志が野菜直売所 再開望む声に応えて、旬な品揃えに評判上々
▼奉仕活動でホップの収穫手伝う 木落地区、子供達が斬新なアイデアも披露
▼ベンガラ染めでハンカチ作り 伊乎乃の里、思い思いの模様を描き出し など

2021年08月12日

服部勇馬、北の大地で奮闘も世界の壁厚く 東京オリンピック男子マラソン

210812_01.jpg 210812_02.jpg

 東京オリンピックの男子マラソンが最終日の8日、札幌市で開催され、服部勇馬(27・トヨタ自動車、中里中出)が出場。猛暑の中、奮闘したものの、レース中に熱中症状を起こし後半に失速。2時間30分08秒で、73位に終わった。世界最高峰の夢舞台で最後まで力を出し切って完走した姿は多くの市民らに感動を与え、再起と今後の飛躍が期待されている。
(写真左から:スタート直後の2km手前で先頭集団を形成する服部・中央後方、ゴール前42km付近で苦悶の表情を浮かべる服部)
《本紙8月12日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月12日号は・・・・
▽〈援馬隊〉世界に名の知れる選手に 満身創痍の走りに涙、今後も支援誓う
▼新たに9人がコロナ感染 屋外活動関連は計21人に
▼戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に 原水禁市民大会、中学生を長岡戦災資料館に派遣
▼ベジぱーくがリニューアルオープン 記念の特売イベントに列
▼県が除雪オペレーターに感謝状 豪雪の広域応援除雪への御礼状も
▼最優秀賞は吉田中の上村菫さん 中学生わたしの主張十日町・中魚沼地区大会
▼クロアチアウエルカムキルトを寄贈 きものの街のキルト展実行委、巡回展も
▼現代文明に疑義、村へのレクイエム 星野元一さんが第15詩集出版
▼星と森の詩美術館で平野壮弦書芸展 ギャラリートークで書芸家人生振り返る〔AR動画あり〕
▼空き缶風車の大オブジェ「みんなの風」 大黒沢の阿部さんが制作期間9カ月かけ
▼水沢が8大会ぶりに優勝果たす 市長杯学童野球大会 など

2021年08月05日

服部勇馬、樋口政幸いざ夢舞台へ 東京オリンピック・パラリンピック

210805_01.jpg 210805_02.jpg

 東京オリンピックは佳境を迎え、最終日の8日には最終競技の男子マラソンが札幌で開催される。地元からは服部勇馬(27・トヨタ自動車・中里中出)が出場し、夢舞台の五輪で、どのような走りを見せるか注目される。一方、東京パラリンピックは24日に開幕し、27、28の両日に開催される男子5000㍍(車いすT54)には樋口政幸(42・プーマジャパン・吉田中、川西高出)が出場、悲願のメダル獲得を目指す。コロナ禍で依然として混沌とした社会情勢の中、世界に挑む両選手の走りに多くの市民らが夢と希望を膨らませ、熱い声援を送っている。
(写真左から:2019年のMGCで走る服部選手、2016年のリオパラ後に地元報告会で走る樋口選手)
《本紙8月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月5日号は・・・・東京オリパラ特集!
▽東京オリパラ応援メッセージ 服部・樋口選手の恩師、同級生、先輩が
▽8日の男子マラソンに合わせ市内2カ所でパブリックビューイング 援馬隊が応援ソングを制作
▼〈新型コロナ〉屋外活動でクラスター 参加した津南町の小学生中心に広がる
▼市内8月接種8000人分全て埋まる コロナワクチン接種、9月接種は18日から予約開始
▼市がプレミアム商品券を発売 新型コロナ経済対策、夏と秋で6億円、プレミアム率20%
▼新理事長に蕪木良一氏が就任 十日町織物工業協同組合、副理事長は水落・根津両氏
▼入札不落、再入札へ 町ひまわり保育園増築工事
▼きさらぎがリニューアルオープン 焼きたて作りたて、高級感を前面に
▼〈北信越女子サッカー2部〉FC越後妻有が初勝利 ホームで決めた!序盤に2点
▼花で地域と障がい者を繋ぎたい 花の寄せ植えセミナーで中野節子さん“花育”の効用説く
▼川西中でゆかた着付け教室 きものの集いの会がボランティアで指導
▼40代男性が架空請求詐欺被害 電子マネー74万円だまし取られる など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS