2024年 06月24日 (月曜日)

カテゴリー

経済



2024年06月20日

「ひび割れ田植え不可」渇水被害広がる 水稲は市内20ヘクタール以上で作付けできず

240620_02.jpg 240620_01.jpg

 昨夏の高温・渇水による水田のひび割れの影響で、水稲の作付ができないなどの被害が市内で発生している。また、雨水に水利を依存する天水田の多い松之山地域などでは、現状でも水不足により、今年の稲作を不安視する声が上がっている。14日には高鳥修一衆議院議員が松之山入りし、県議、市議らとともにひび割れや水不足などの状況を視察した。市では耕作継続に向けた状況確認、補助金の利用などを呼びかけているが、一部水田が作付不能となれば農家の収入減は避けられない。
〔写真:亀裂が入った「留守原の棚田」の水田、松之山五十子平で農家の話を聞く高鳥氏(右)ら〕
《本紙6月20日号面記事より抜粋》

十日町新聞6月20日号は・・・・
▼「判断できない」理由とは 柏崎刈羽原発再稼働問題で関口市長、桑原町長が考え示す
▼令和10年度末を目処に検討を 津南町議会一般質問、保育園・小学校統合問題で桑原町長
▼自転車活用で国土交通大臣表彰 地元のもてなし光る「ツールド妻有」
▼時代が松之山に追いついてきた 美人林を守る会が環境大臣表彰受賞で祝賀会
▼根津和博副町長を再任 町議会が賛成多数で同意
▼会長に地元の高野明氏が就任 十日町労働基準協会総会、東北電力が四半世紀の会長職から退く
▼交流50周年記念事業の推進を計画 十日町・コモ姉妹都市交流協会が総会
▼第1回十日町市美術協会展開催 企画展は田村順一さんの日本画
▼待合室で医療講演会 国保川西診療所の堀崎所長が「夜間頻尿」をテーマに
▼高齢者に交通安全と防犯呼びかけ 水沢地区で高齢者交通安全大会
▼ライフラインを守る管工事業 市管工事組合青年部が松代高校で出前授業
▼阿部未空さんら4人が東北大会出場 珠算県予選会、十小からは七宮、齊藤、庭野さんら
▼園児が箏とオーボエの演奏楽しむ ななこまコンサート、水沢振興会が元気プロジェクトで
▼自然楽しみながら活動を 苗場山麓ジオパークガイド、小学生2人もガイドに合格
▼人去って川音高き雪解かな 十日町市出身の大島幸男さんが句集「雪解」出版
▼下条の建築会社で火災 2棟全焼、飯山線止まる など

☆★☆十日町新聞は十日町市・津南町の新聞販売店・コンビニ、新聞オンライン.COMで販売中☆★☆

2024年05月30日

〈JA魚沼が初の総代会〉合併効果の一日も早い実現を 資金運用課の新設を発表、農林中金の巨額赤字に質問も

240530_01.jpg 240530_02.jpg

 設立後初めてとなる魚沼農業協同組合の第1回通常総代会が25日、クロステンで開催された。JA魚沼は今年2月1日に十日町、津南、越後おぢや、北魚沼の4JAが合併、組合員4万人超、販売取扱高174億円と県内4番目の規模のJAとして誕生した。総代会で経営管理委員会の柄澤和久会長は「合併効果の一日も早い実現を目指す」と抱負を述べ、昨年高温・渇水により品質が著しく低下したコシヒカリについて「今年は1等米比率95%を目指すことが必須。2年続けての品質低下は魚沼米ブランドの地位が危ぶまれることになる」と危機感を示した。
〔写真:挨拶する柄澤会長と273人が出席した総代会〕
《本紙5月30日号面記事より抜粋》

十日町新聞5月30日号は・・・・
▼コロナ禍の傷深く、回復に数年 津南観光協会総会、事務局体制強化で活発化を
▼対前年比91%の39.2万人 令和5年度津南町観光入り込み
▼水田でCO2クレジット創出を 津南町と(株)フェイガーが全国に先駆け包括連携協定
▼原点回帰で設立当時の理念に 十日町市スポーツコミッション総会、福崎理事長が再任の弁で強調
▼食品衛生功労者に村山寛和氏ら、事業所は田麦そばなど6施設に 十日町食品衛生協会総会
▼優秀選手に井ノ川晴夏を選出 十日町市サッカー協会表彰式・総会
▼〈県美術展覧会〉工芸の越村騰さんが奨励賞に 生越清允さんは2部門で入選
▼田口龍之介(十日町)星名康希(川西)二冠、岩田彩佳(中条)が棒高跳びで大会新 郡市小中陸上選手権
▼日本一の柳愛子さんの美声に合わせ 南中体育祭、生徒地域一丸で十日町小唄を踊る
▼キャップ戴き、決意新たに 十日町看護専門学校、実習に向け2年生28人が戴帽式
▼陽気なリズムに身も心もノリノリ 十日町小でアフリカ音楽を楽しむコンサート
▼軸足に体重乗せ肘を上手く使おう 元メジャーリーガー岡島秀樹さん講師に野球教室
▼夢の国で音楽まみれに 5月の「豪雪JAM」で熱気
▼うまい牧草を求めて 妙法牧場で放牧開始
▼天池で住宅火災 木造住宅と隣家の茶室が全焼 など

2024年05月22日

〈商工会合併〉来年4月に十日町市商工会として設立 市内5商工会で最後の通常総会

250523_01.jpg

 来年4月1日に「十日町市商工会」として合併を予定している川西、中里、水沢、松代町、松之山の各商工会の通常総会が14日から17日にかけて各商工会館などで開催された。通常総会としては最後の開催で、来月には合併推進協議会を設置し、合併に向けての動きが加速することになる。これまでの検討では本所を川西に設置し、それ以外の4つの商工会に支所と支部がそれぞれ置かれる予定だ。
〔写真:各商工会の総会で合併について言及する5商工会長〕
《本紙5月23日号面記事より抜粋》

十日町新聞5月23日号は・・・・
▼5月16日を「十日町の電気記念日」に 十日町電気工事組合、先人の尽力と業界の使命感を後世に
▼電気工事士の仕事をわかって! 県電気工事組合十日町市部青年部が小学校21校に絵本寄贈
▼売上は2億円超えで手応えつかむ メーカー13社、商社5社参加し第2回十日町織物産地特別招待会
▼島田会長再任、新役員決まる 津南町商工会総会、8月と11月に軽トラ市を開催
▼北斗の星のごとく業界をリード 北斗工業新潟支店が開設50周年、祝賀会で節目祝う
▼ブナ林維持で環境大臣賞 松之山下川手「美人林を守る会」が
▼人を繋ぎ、健康な生活を作る いきエイ講座シンポ、十日町での「社会的処方」を考える
▼自分の農地は自分で守ろう JA魚沼が狩猟具免許取得希望者に講習会
▼「春の陣」準備に汗流す 来月2日に松代でトレイルランレース、松代中生徒も協力
▼木片素材に児童が造形物を制作 橘小で大地の芸術祭作品「小脇の学校」ワークショップ
▼名車・珍車が勢揃い 十日町クラシックカーミーティング
▼出来上がった姿を多くの人に 現代雪まつり発祥の地モニュメントでメンテナンス作業
▼楽しくプレーが一番の思い出 川西特別支援学校、スポーツフェスタで魅力を体感
▼のこった、のこった! 十日町青年会議所がわんぱく相撲越後妻有場所開催
▼優しさと思いやりで花を咲かせよう 鎧島小で「人権の花」贈呈式 など

2024年04月25日

一堂に会して建設産業の安全を誓う 1100人参集し第41回建設産業安全大会

240425_01.jpg

 「安全はすべてに優先する」——。第41回十日町・津南地域建設産業安全大会が18日、十日町市総合体育館で挙行された。建設産業に従事する関係者が一堂に会して安全を誓う大会は全国でも稀で、この日は約1100人が参集した。高橋一志大会委員長は「事故発生は完璧に防ぐことはできないが、事故対応は習慣的な心がけと訓練で完璧を目指せる。今大会を契機として、自主的かつ継続的な活動で事故防止に邁進する」と誓った。
〔写真:事業場優良賞を授与される室野建設〕
《本紙4月25日号面記事より抜粋》

十日町新聞4月25日号は・・・・
▼明石の湯エントランス等に常設作品 十日町市、今夏の第9回大地の芸術祭に向け設置
▼開業30周年を迎え、感謝ののぼり旗 妻有ショッピングセンター、節目の年に様々な周年祭を企画
▼完全給食化、副食費など無料に 山本愛泉保育園が少子化対策として保護者支援を強化
▼「繋がり」で自社、地域の発展を 十日町商議所青年部総会、大島博新会長のもと会員は80人に
▼訪問型サービスBを3年以内に 十日町地域振興連合会総会、災害対応マニュアルも同様に
▼今朝収穫、昼には大宮駅の朝市に JR東新潟支社、はこビュンで十日町特産品をお届け
▼〈危険業務従事者叙勲〉度重なる災害対応に尽力 元消防司令長の小林正明さんに瑞双章
▼長年の尽力を称えて6氏を表彰 津南町ほう賞受賞者表彰式
▼全国大会等での活躍を称えて 津南学術文化・スポーツ奨励賞、21人4団体を表彰
▼政治にやりがい、ロマンと希望託し 飯塚茂夫元市議の叙勲祝賀会を挙行
▼環境保全で子ども達に明るい未来を 十日町市民環境会議が地球温暖化対策でセミナー
▼矢口監督、鈴木部長のOBコンビで夏の甲子園を目指す 十高野球部保護者会総会
▼伝統の舞いで観客を魅了 第12回きらら会春に舞う など

2024年02月01日

〈JA魚沼発足〉各地の強み生かし生産拡大を 十日町に本店、経管委会長は柄澤和久氏

240201_01.jpg 240201_02.jpg

 魚沼地域4JA(十日町、津南、越後おぢや、北魚沼)が合併した「JA魚沼」がきょう1日、発足した。本店を高田町6の旧JA十日町に置き、組合員4万人超、販売の取扱高は174億円でともに県内4位の規模。柄澤和久経営管理委員会会長(旧JA十日町)は記者会見で、コシヒカリに頼らない複合型経営やスケールメリットを生かした農業者支援、経済事業の推進などの経営方針を示した。来月1日にも上越、佐渡、北新潟の3地域で合併新JAの発足が予定されており、16あった県内のJAはこのたびの合併も含めて8つに再編される。
〔写真:会見に臨むJA魚沼の柄澤和久会長(左)と大平透理事長、JA魚沼の本店となった旧十日町本店〕
《本紙2月1日号面記事より抜粋》

十日町新聞2月1日号は・・・・
▼十日町警察署管内初の交通死亡事故ゼロを祝す 十日町地区交通安全協会が達成式典
▼〈十日町雪まつり〉会場を西小から総体駐車場に変更 少雪が影響、雪の芸術展は無審査に
▼里山協働機構に総務大臣賞 ふるさとづくり大賞、FC越後妻有の活動を評価
▼政治は結果が全て、結果こそが大事 梅谷守代議士が川西後援会で国政報告会
▼「たっしゃで100」継続を 廃止反対の署名活動展開、1500筆超える
▼新年度予算に向け要望 新潟県建設業協会十日町支部が市町に
▼地域活性化にと3千万円を寄付 日本ビジネスシステムズの牧田社長が十日町市に
▼「SDGs宣言」支援に小泉工業 大光銀行が取り組みを高く評価
▼夜の博物館にワクワク 十日町市博物館で初のナイトミュージアム
▼14回の歴史に一旦幕 なじょもんMyコレクション展
▼老若男女96人が新春ボッチャ大会で熱戦 今秋、県ボッチャ協会設立へ
▼わら細工を通して伝統文化を学ぶ 飛渡第一小、地域の人たちと一緒に全校児童が
▼11の飲食店が「食べて募金」に協力 集めた募金を共同募金会に贈呈 など

2023年12月07日

町内生産者2組が最高賞受賞 津南町で米・食味分析鑑定コンクール国際大会開催

231207_01.jpg 231207_02.jpg

 国内最大級の米コンクール「第25回米・食味分析鑑定コンクール国際大会inつなん」が1日、2日の両日、ニュー・グリーンピア津南で行われた。米・食味鑑定士協会(鈴木秀之会長・大阪府)と、津南町などからなる実行委員会の共催によるもので、新潟県で初めての開催。国内や中国、台湾、韓国から計5092点の出品があり、最高賞の「国際総合部門」金賞(18点)は県内から3組、そのうち津南町から桑原健さん(農事組合法人グリーンアース津南)と㈱麓の2組が受賞した。
〔写真:コンクールの最高賞受賞者と鈴木会長、桑原町長ら(左)、官能審査を行う審査員〕
《本紙12月7日号面記事より抜粋》

十日町新聞12月7日号は・・・・
▼2月16、17日に西小をメイン会場に 第75回十日町雪まつり、実行委で概要決まる
▼30年後もキラリと光る十日町 十日町商工会議所青年部が藻谷浩介氏招き未来創造セミナー
▼回廊と温泉をつなぐエントランス 明石の湯改修工事が完了、設計思想に近い形に
▼中小企業・小規模事業者への支援を 商工会議所が市の産業振興に対する要望書提出
▼東日本台風クラスの洪水に対応 県信濃川整備計画変更、目標流量を引き上げ整備を追加へ
▼医師確保へ新研修プラン 津南町、給与上乗せなどで
▼クロアチアホームタウンクラブがクロアチアを公式訪問 さらなる交流へ各協会と連携
▼松代郵便局にATMを開設 ゆきぐに信用組合、松代商工会で出張窓口も開始
▼油流出の原因など発表 JR東日本千手発電所、1日から発電再開
▼東京五輪パラの遺産として寄贈 十日町建築組合、木材活用リレーで市にテーブルを
▼地域の暮らしから看護の心を学ぶ 十日町看護専門学校、1年生28人がふれあい学習発表会
▼今年は保育園児も協力して 松代商工会青年部がふるさと会館にクリスマスツリー設置
▼総合高校で書芸家平野氏が講演 書芸のパフォーマンスを披露
▼「サッポロ一番」に清津渓 限定スヌーピーデザインに採用
▼風巻光が4位入賞 総理大臣杯ウエイトリフティング選手権
▼妻有一輪車協会の小杉愛夏、丸山煌喜が栄冠に輝く 全日本一輪車マラソン大会
▼史上初の3部門優勝、全国へ 神邑会が全県詩吟大会で など

2023年10月05日

魚沼4JA、臨時総代会で広域合併を承認 組合員4万人超「JA魚沼」誕生へ

231005_01.jpg 231005_02.jpg

 魚沼地域の4JAでは先月30日、広域合併の可否を問う臨時総代会をそれぞれ開き、合併に関する議案が承認された。県の認可を経て、十日町、津南町、越後おぢや、北魚沼の4JAを統合した「JA魚沼」が来年2月に発足する。合併新JAの規模は、組合員40,252人(正組合員17,637人、準組合員22,615人)、耕地14,071ヘクタール、職員数839人。職員は全員が新JAに引き継がれる。また金融・共済、管理部門を担う本店機能を旧JA十日町本店に置き、営農・販売部門は旧JA北魚沼、経済部門は旧JA越後おぢやが担う。
〔写真:大差で広域合併が承認されたJA十日町とJA津南町の臨時総代会〕
《本紙10月5日号面記事より抜粋》

十日町新聞10月5日号は・・・・
▼コシヒカリ仮渡金を増額 JA十日町、1から3等全て、「規格外」にも支払
▼松之山・希望の里松涛園が来年3月に閉鎖 収支悪化、職員確保困難等を理由に
▼〈津南町議選〉滝沢萌子氏が立候補表明 2人目の新人、定数3人超え
▼十日町病院の産科休止の撤回求める 共産党市議団が市長に要望書提出
▼営業再開日は12月2日に キナーレ明石の湯、改修工事遅れ延期
▼ゆきぐに信組が誕生 営業範囲拡大、松代郵便局にATM
▼地元就職を考えるきっかけに 十日町地区雇用協議会が中高生対象にまちの産業発見塾
▼横断歩行者保護を誓う 安全運転実践運動、宇都宮製作所で出発式
▼新方式見据えトラップ設置 JR東日本、サケ遡上数を今年から独自調査
▼4年ぶり、熱戦再び 松代で24時間耐久リレーマラソン
▼複数学年では最後の文化祭 十高松之山分校で「松高祭」
▼六箇中村で豊昇龍関などが稲刈り お笑いタレントのコロッケさんも参加
▼箏&オーボエのオータムコンサート 水沢南部保育園が創立60周年記念で
▼涌井遥翔(津南)徳永愛美(中条)が大会新 小学校親善陸上大会
▼松之山のなめこ工場で転落事故 男性が意識不明の重体
▼【中学駅伝展望】男子は北信越、女子は県大会目指し 吉田中学校 など

2023年08月17日

十日町市観光協会が新たなスタート 越後妻有観光フォーラム開催

230817_01.jpg

 十日町市観光協会(柳一成代表理事)主催の「越後妻有観光フォーラム2023」が8日、ラポート十日町で開催された。十日町市が合併して18年となるが、観光協会は今年3月まで旧市町村毎の5つの支部組織に別れていた。4月に支部を解散、6月に全市一体となった一般社団法人十日町市観光協会として新たなスタートを切った。この日は花角英世知事、北陸信越運輸局・蝶名林幸雄観光部長ら来賓が出席し、新たな観光協会や県の観光についての講演、交流会が開催された。
(写真:フォーラムで講演する花角英世知事)
《本紙8月17日号面記事より抜粋》

十日町新聞8月17日号は・・・・
▼津南町のブランドロゴが完成 雪・水・大地、魅力を体現
▼残存率約8割の火炎型土器出土 沖ノ原遺跡、さらなる遺跡調査・縄文研究に期待高まる
▼竜ヶ窪温泉が9月で廃止に 三重苦の費用増で運営会社が撤退
▼市が水稲渇水被害応急対策 来月末日まで、50%以内を補助
▼ブナ凶作、クマ出没に注意を 県鳥獣被害対策センター
▼町職員がクマに襲われ負傷 鳥甲牧場付近でトレッキングコース整備中に
▼神輿の担ぎ手を地域問わず募集 吉田神社大祭実行委員会が
▼食に関する知識学んで LPガス協会十日町支部が保育園で食育イベント
▼十日町市へ車椅子を寄贈 宮幸酒店が35台目を
▼2度目の成人式・四十路式が3年ぶりに復活 143人が集まり旧交温める
▼水しぶき浴び猛暑に一息 キナーレで「アートスプラッシュ」
▼薪割り、グルメ、つかみ獲り! 大自然の中、清田山キャンプ場まつり
▼釣りに興じ、親子の絆を再確認 中魚沼漁協がフレッシュパークでさかなまつり
▼逆境や困難に立ち向かう力を 十日町中でレジリエンスを学ぶ講演会
▼個性豊かに楽しく制作が一番大切 津南中等OB・OG美術展、尾身伝吉さんが教え子に呼びかけ
▼〈わたしの主張地区大会〉金澤由花さん(水沢中)が最優秀賞、優秀賞は村山智美、齋藤友愛さん
▼中条竜王が猛打で合併後初の優勝 市長杯学童野球大会 など

2023年07月06日

地域経済が厳しい中、会員は微増 十日町商工会議所が令和5年度議員総会

230706_01.jpg

 令和5年度十日町商工会議所通常議員総会が28日、ラポート十日町で開催された。令和4年度事業報告並びに決算報告が審議され、原案通りに承認され、続いて会頭褒賞表彰式が行われ、岡元松男氏、坂田文男氏が表彰された。総会後の懇親会には関口芳史市長等顧問、参与、来賓が出席した。
(写真:会頭褒賞を贈られた岡元氏・右)
《本紙7月6日号面記事より抜粋》

十日町新聞7月6日号は・・・・
▼埋蔵文化財センターの展示室等を説明 苗場山麓GP振興協総会、9月に中部ブロック大会開催
▼松之山温泉組合が全国3位の栄誉 全旅連「人に優しい地域の宿づくり賞」で
▼雪里留学で移住促進を まつのやま学園、学校と地域体験するツアー開催
▼市職平均73万、町職61万円 公務員にボーナス、津南町3役は大幅減
▼5年ぶりに生誕地まつり 10月7、8日、例年の半数規模で
▼川西モトクロス場のツリーハウスが動画に登場 東横インのブランドムービー「基地篇」
▼麻畑の柳氏、下条地区防犯連絡協に 十日町地区連合防犯協と十日町警察署が感謝状
▼小さな活動から環境美化を願い JA十日町、川西支店職員と女性部がクリーン作戦
▼ユーチューバー隊員として活躍 津南町地域おこし協力隊の南雲一人さんが退任、定住へ
▼優勝は新発田市の佐藤愛珠さん 十日町小唄日本一優勝大会、少年少女は富山県の林桜子さん
▼「死蔵データ」専門店現る 里山現代美術館で初の連続企画展、第一弾を開催
▼健康維持、体力増進に役立てよう 春の市民体力テスト、FC越後妻有も参加し自らチェック
▼茅の輪のくぐって厄払い 諏訪神社で「夏越しの祓い」
▼3人の作家がギャラリートーク 星と森の詩美術館「十日町石彫プロムナードの作家たち」
▼感謝の気持ちと成長した姿を見せたい 夏の高校野球6日開幕、十高が諏訪神社で必勝祈願
▼160キロマシーンで「世界の星」目指せ 「星飛雄馬」さんが母校・十高野球部に寄贈
▼成功体験に勝る自信はない 箱根駅伝の原青学大監督が塩沢信組70周年記念で講演
▼木村の好セーブでドロー FC越後妻有、無敗の石川から勝ち点奪取 など

2023年06月15日

〈J A十日町総代会〉柄澤経営管理委員会長が3期目続投 支店機能見直し、松之山・水沢は縮小へ

230615_01.jpg

 JA十日町の第25回総代会が10日、クロステン大ホールで開催され、役員改選では柄澤和久経営管理委員会会長の3期目続投、廣田公男副会長の2期目続投が決定。また当期剰余金は昨年度を約4700万円上回る2億1462万円となった。総代会では、松之山地域では署名運動に発展した、各支店の店舗機能見直しについても審議され、松之山支店を松代支店に、水沢支店を川治支店に統合するなどとした原案の通り可決した。
(写真:総代会で挨拶する柄澤会長)
《本紙6月15日号面記事より抜粋》

十日町新聞6月15日号は・・・・
▼〈十日町・湯沢境界訴訟〉既存境界線の変更「あり得ない」 市、地裁判決を不服とし控訴へ
▼織り、染めの技術に感嘆 十日町きものGOTTAKUで工場見学
▼馬場小を水沢小に統合へ 後援会、PTAから要望書
▼市内14団体に828万円を助成 赤い羽根共同募金助成金交付式
▼収れん火災の論文で全国2位に 十日町消防本部の瀬沼哲司さんら
▼4年ぶりに「下ーに、下に」 節黒城跡開山まつり、名物の大名行列が華やかに復活
▼清らかな水、豊かな自然いつまでも 宮中環境保全会が宮中の四季を伝える看板設置
▼「大きく育って」とリスの森で植樹 あてま森と水辺の教室ポポラ
▼立浪部屋力士と小林幸子さんが田植え 中村公民館で無料ちゃんこ鍋の会
▼下条上新田出身の幼なじみ3人が百歳祝い同級会 久しぶりの顔合わせを喜ぶ
▼自宅に鍵をかけましょう ロックの日、天使幼稚園児がパトカーから呼びかけ
▼樋熊フサ子写真展「face」 蔵カフェ、来月はブナの森を
▼国道117号でゴミ拾い 津南町商工会青年部が
▼小林美波(川西)、村山紗和(下条)二冠 郡市小中学校陸上選手権大会 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS