2020年 04月06日 (月曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



2020年04月01日

きものフェスタ2020

 十日町きもの産地の最大イベント「きものフェスタ2020」(十日町織物工業協同組合主催)が6日から10日まで、クロステンで開催される。
 きものフェスタは、求評会として大正期から始まり、戦時中に中断された後、昭和24年に再開され現在に至っている。産地の新作商品が一堂に展示され、全国の呉服問屋、呉服小売店を審査員として最高賞の経済産業大臣賞を競う。
 今回は、新型コロナウイルスの感染防止のため、ユーザー審査員を含む一般来場者への公開を中止し、11日に予定されていた一般公開・入賞発表も中止する。
 審査には、同組合が案内を出した卸商社、小売店、来賓等のみが参加、入賞作品の発表は同組合のホームページ、新聞等を通じて行う。
 同組合は「きものフェスタは、5月にかけて展開される『きもの月間』の劈頭を飾る重要な催事だが、今回に限ってはイベント性を排除せざるを得えない。可能な限りの徹底した対策を講じ、感染症・クラスター発生の防止を図ることを最優先で開催したい」と話している。

商議所がデリバリーやテイクアウトのお店紹介サイト

 十日町商工会議所は先月25日、新型コロナウイルスの影響に対する支援事業として「コロナウイルスに負けるな‼頑張るお店紹介します」サイトを開設した。
 同ウイルスの感染拡大に伴い、外出を控える傾向になったことへの対応・代替として、デリバリーやテイクアウト、出張販売・出張サービス等への需要が高まってきている。
 こうしたことを受けて同会議所では、飲食店をはじめとする小売・サービス業等の会員事業所で、デリバリーやテイクアウトを行っている事業所を同会議所ホームページで紹介し、利用を呼びかけることにした。
 同サイトには、各事業所のデリバリーやテイクアウトのサービス内容、店舗の住所、連絡先、営業時間・休日、ホームページなどを紹介している。
 同サイトのアドレスは、http://www.tokamachi-cci.or.jp/ganbaru_omise.htm

木のおもちゃであそぼう

 「木のおもちゃであそぼう」が4月12日(日)、午後2時から市児童センターめごらんどで開かれる。
 たくさんの手づくり木製おもちゃで遊ぶ。講師は森のおくりものの高橋俊一さん。対象は主に幼児、小学生と保護者。会費無料、事前申し込み不要。
 問い合わせは同センター(電話025―761—7707)まで。

2020年03月25日

森の学校キョロロ「収蔵コレクション展2020」

 森の学校キョロロ「収蔵コレクション展2020〜発見!身近にいる里山の多様な生物たち〜」が4月1日(水)から7月12日(日)まで、市内松之山松口の同館で開催される。
 収蔵標本を通して里山の生物の多様性を紹介する。昨年夏に県内で初めて発見された昆虫に寄生する珍しいカビ「スポディニエラ・ウンベラータ」の標本も初公開する。
 また期間中は、市内小中学校学習成果展示「発信!わたしたちの地域自慢」も同時開催されている(3月20日から6月28日まで)。
 時間は午前9時から午後5時まで、火曜休館。問い合わせは同館(電話025―595―8311)まで。

森の学校キョロロ里山体験プログラム

 森の学校キョロロでは里山体験プログラムを4月4日(土)、11日(土)に開催する。
 問い合わせ・申し込みは同館(電話025―595―8311)まで。内容は次の通り(小学3年生以下は要保護者同伴)。
 ▼4日 午前10時からブナの森のようち園(定員15組、体験料1組1千円)▼11日 午前8時からこども野鳥の会探鳥会(無料)、午後1時半からハナアブしらべ(無料)

エフエムとおかまち「声の手紙〜先生から子どもたちへ〜」

 エフエムとおかまち(78・3MHz)では、新型コロナウィルスによる学校の休校をうけて、特別番組「声の手紙〜先生から子どもたちへ〜」を放送している。
 急遽決まった休校措置により思い描いていた学校生活が遅れなかった子ども達や先生のために、先生から子ども達へのメッセージや歌などを放送している。
 放送日時は、平日の午前11時からと午後5時から(2回目は再放送)、または正午からと午後6時から(同)。
 問い合わせは同局(電話025―752―7830)まで。

2020年03月18日

市立学校のグラウンドと校庭を開放

 十日町市と市教育委員会では、児童生徒の健康保持のために3月17日からしばらくの間、市立学校のグラウンドと校庭を開放している。
 これはコロナウイルスの影響で一斉休校となり、運動不足やストレスが高まっていることから、講じられた処置。
 利用に当たっては保護者の判断・責任とし、感染防止のため遊具の使用は禁止としている。また使用前と使用後は必ず手洗いを行い、利用は原則、自校の児童生徒のみとなっている。

地域おこし協力隊活動企画展

 地域おこし協力隊活動企画展が4月10日(金)から12日(日)まで、十じろうで開かれる。
 活動内容の展示、各地域特産品販売など。時間は午前9時から午後4時まで。

2020年03月11日

エフエムとおかまち「おやすみラジオ~よい子は夢の中~」

 エフエムとおかまちでは、新型コロナウイルスによる学校休業をうけて、子ども達や保護者の不安を少しでも取り除こうと、ラジオ番組「おやすみラジオ~よい子は夢の中~」を放送している。
 30分番組で、昔話や童話の読み聞かせ(約10分)と、入眠を促進するBGMを放送。昔話・童話は世界や日本に伝わるもののほか、「越後妻有おーい!昔」(渡辺正範さん著)からの地元の伝説・民話も朗読される。
 放送日時は毎日午後8時半からと午後9時から(9時からの回は8時半からの回の再放送)。放送期間は4月5日まで。ラジオ(78.3MHz)や専用スマホアプリから聴くことができる。また、朗読部分はエフエムとおかまちユーチューブチャンネルからも視聴できる。
 問い合わせは同ラジオ局(電話025―752―7830)まで。

2020年03月04日

新型コロナ・少雪経営相談窓口

 十日町商工会議所・中小企業相談所では「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」と「少雪に係る経営相談窓口」を設置している。
 特別融資は両方とも運転資金3千万円を限度額・保証協会付として融資する。詳細は同会議所(電話025―757―5111)へ。
 助成金は新型コロナウイルスと少雪の影響で、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が労働者に対して一時的に休業等を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に雇用調整助成金とするもの。詳細はハローワーク十日町(電話025―757―2407)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS