2021年 01月17日 (日曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



2021年01月13日

日本遺産認定記念シンポジウム

 段十ろうで2月6日(土)、日本遺産認定記念シンポジウムが開催される。
 これは、日本遺産に認定された市の地域ストーリー「究極の雪国とおかまち—真説!豪雪地ものがたり—」を地域活性化につなげようと市文化観光推進協議会主催で開かれるもので、基調講演に加え、日本遺産を持つ自治体の担当者らによるパネルディスカッションが行われる。
 基調講演は、東洋大学大学院国際観光学部の丁野朗氏による 「日本遺産物語の活用とその手法」。パネルディスカッションでは、「地域ストーリーで変わる地域の未来」をテーマに、丁野氏や文化庁参事官らと「日本遺産」を活用した地域活性化への道筋を探る。
 時間は午後1時半から4時15分、入場無料で要申込み。申込みは29日までに電話・FAX・メールのいずれかで、同会事務局(電話755—5135、FAX752—4635、メールt-bunka-kanko@city.tokamachi.lg.jp)まで。

「絶対負けない!」オンライン経営セミナー

 アフターコロナの経済と経営、デザイン経営とデジタルマーケティングを学ぶ「絶対負けない!」オンライン経営セミナーが2月2日(火)から全5回の日程で、十日町商工会議所で開催される。
 開催日時は2月2、9、16、3月2、9日のそれぞれ午後3時から。参加費は5回で税別2万5千円。定員10人(先着)。会場に集まってのオンラインセミナーになるため、Zoomの事前登録とノートPC等が必要。
 申込み・問い合わせは1月29日までに主催のエフエムとおかまち(電話025―752—7830)まで。

縄文楽検定

 第13回「縄文楽検定」(信濃川火焔街道連携協議会主催)が3月7日(日)に情報館で予定され、受検者を募集している。
 同検定は「縄文」「火焔型土器」をテーマに「縄文力」を試す検定で、これまでに初級・中級合計709人が合格。昨年はコロナ禍で十日町会場での受検が中止となったが、今年は通常通り県内5会場で開催される。
 十日町会場は情報館で、受検料無料、往復ハガキで申し込む。往信部に希望する検定級・住所・氏名・電話番号を、返信部に送付先郵便番号・住所・氏名を明記のこと。 
 2月19日までに、〒948—0072、西本町1丁目の十日町市博物館に送付すること。詳細は長岡市の馬高縄文館(電話0258—46—0601)へ。日程は次の通り。
 ▼初級(40分・50問・4択式)午後1時半から▼中級(50分・50問・4択、記述)午後2時40分から

イベント中止・延期 新型コロナウイルス影響

 新型コロナウイルスの感染拡大により、中止や延期が決まったイベントは次の通り。カッコ内は当初予定していた開催日と会場。
 ▼節季市(1月、諏訪町)中止、チンコロ販売会を1月10、24日に市役所前で開催
 ▼市民書初め大会(1月中旬)中止
 ▼十日町市消防出初式(1月10日、段十ろう)中止
 ▼津南町消防出初式(1月10日、文化センター)中止
 ▼水沢公民館新年娯楽大会(1月17日)中止
 ▼第72回十日町雪まつり(2月20、21日)中止
 ▼第35回かわにし雪まつり(3月6、7日)中止
 ▼第45回津南雪まつり(3月13日)中止

 ▼コロッケコンサート2020(6月6日、段十ろう)令和3年3月20日に延期
 ▼三遊亭好楽・小遊三 二人会(9月13日、段十ろう)令和3年7月25日に延期
 ▼十日町市成人式(9月20日※5月から延期)令和3年3月14日に再延期
 ▼津南町成人式(9月20日※5月から延期)令和3年度へ再延期

 ※開催日が過ぎたイベントは削除、新たに中止や延期が決まったイベントは追加していきます。


◆十日町市、津南町の新型コロナウイルス感染症関連情報
・十日町市→http://www.city.tokamachi.lg.jp
・津南町→https://www.town.tsunan.niigata.jp

2021年01月06日

ねころんだ展「フォルトネットdeいま」

 ねころんだ展「フォルトネットdeいま」が1月8日(金)から14日(木)まで、十じろうで開催される。
 不登校、ひきこもりの人々の作品を展示するもので、写真、イラスト、工作などを通じて心の表現を見に来てほしいとしている。
 問い合わせはフォルトネット代表の関口美智江さん(電話090—4955—4169)へ。

川治地区新春芸術展「尾身伝吉木版画展」

 川治地区新春芸術展「尾身伝吉木版画展」が1月8日(金)から14日(木)まで、川治公民館で開催される。

チンコロ販売会

 十日町市の名前の由来ともなっている1月の「節季市」が感染症対策が困難なことから開催が中止されることになり、代わりに「チンコロ販売会」が市役所本庁舎正面駐車場で1月10日(日)、24日(日)の2日間のみ開かれる。時間は両日とも午前9時から、チンコロ以外の露店販売はなく、チンコロが売り切れ次第終了となる。
 当日は感染症対策のため会場内の人数制限を行い、来場者にはマスクの着用、会場での検温、手指消毒などを求める。また、市では1人あたり購入できるチンコロの数を制限することもあるとしている。

エンゼル妻有チンコロ販売会

 新型コロナウイルスの感染拡大による節季市の中止等をうけ、チンコロを制作している障がい者福祉サービス事業所エンゼル妻有では1月16日(土)、30日(土)の両日、市内塚原町の十日町市身体障がい者福祉センター(十日町保健所隣)で独自にチンコロ販売会を開催する。
 時間は午前9時から。いずれもチンコロが売り切れ次第終了。なお、エンゼル妻有は市主催のチンコロ販売会(10、24日、市役所本庁舎正面駐車場)にも出店する。

差し押さえ公売財産下見会

 十日町市は1月16日(土)、17日(日)の両日、市税などの滞納者から差し押さえた公売財産の下見会を保健センターで開く。
 公売される反物、帯、浴衣、小物など着物類約100点、陶器やアウトドアグッズなど雑貨類約30点のほか、インターネット公売に出品予定の動産を確認することができる。時間は両日とも午前9時から午後4時半まで。
 差し押さえ財産の公売は、県と県内市町村との合同で1月8日から20日まで行われ、入札場所は県や各市町村の財務窓口。インターネット公売は1月6日午後1時から19日午後11時までヤフージャパン官公庁オークションから入札できる。
 問い合わせは市総務部税務課(電話025―757—3113)まで。

つなぐ花火プロジェクト『虹花火』 商議所青年部が協賛金を募集

 十日町商工会議所青年部(井口淳会長)では、市内の各商工会の青年部などと協力して2月14日から20日にかけて市内9地域で花火をあげる「つなぐ花火プロジェクト『虹花火』」を企画、協賛を募っている。
 14日から7日間にわたり、十日町、中里、川西、松代、松之山、水沢、下条、中条、吉田の9地域で、リレー形式で花火を打上げる。人の密集を避けるため詳細な打ち上げ場所は公開しないが、可能な限り人口集中地域に近い場所から打上げたいとしている。
 協賛金は企業や個人から募っており、同青年部会員の店舗などで協賛支援箱を設置している。1万円以上の協賛者はイベントチラシに名前等を掲載する。
 問い合わせは同青年部事務局(十日町商工会議所内、電話025―757—5111)まで。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS