2017年 07月21日 (金曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



2017年07月19日

松代観音祭

 松代観音祭が7月22、23の両日、松代本町商店街で開催される。
 22日は正午から歩行者天国開始、午後1時40分からそば寿司大会、2時半からよさこい演舞、7時半から大花火大会(雨天時は23日に順延)などが、23日は午前8時半から歩行者天国開始、午前10時20分から農耕歴史行列、11時半から世田谷サンバカーニバル、午後2時半から大民謡流しなどが行われる。

津南まつり

 第37回津南まつりが7月22日、大割野の町役場駐車場などで開催される。
 正午から屋台出店、ステージイベント、午後7時から大民謡流し、おまつりパレードが行われ、東京ディズニーリゾートペアチケットなどが当たるジャンケン大会、ラムネ早飲み大会なども。
 問い合わせは同まつり実行委員会(電話025―765—3115)まで。

劇団吟仕込「幸せのカネが成る」

 劇団吟仕込第9回公演「幸せのカネが成る」が7月22日午後7時半からと、23日午後1時半からの2回、情報館で開催される。
 単独での有料公演は今回が初めてで、初めて演劇を観る人にも分かりやすいようにと、公演時間も30分と短い時間に設定した。
 前売りは500円(当日700円)。高校生以下無料。プレイガイドは同館、市中央公民館で、問い合わせは根津修代表(電話090—2179—9203)へ。

十日町市博物館「野首遺跡出土品のすべて」

 十日町市博物館2階特別展示室で夏季企画展「野首遺跡(下条・上新田地区)出土品のすべて」が7月22日から8月27日まで開催される。
 平成8年に発掘調査された縄文中期から後期の集落跡で、大量の遺物が出土し、多数の火焔型・王冠型土器が復元され、今年3月には出土品1431点が市指定文化財に指定されている。
 記念講演会「火炎土器と水煙土器にみる縄文人の交流」(講師・今福利恵氏)も29日、午後1時半から行われる。受講料無料も事前申込必要。詳しくは市博物館(電話025―757—5531)へ。

ジャスティン・ジャスティ氏講演会「日本文化の特質について」

 ワシントン大学准教授ジャスティン・ジャスティ氏による文化講演会「日本文化の特質について」が7月23日、午前10時から千手神社拝殿で行われる。
 大地の芸術祭でのおもてなしに感銘を受けたジャスティ氏は昨年、論文執筆のため同神社を再訪している。
 入場無料で、詳細は主催の千手神社奉賛会の白井敏夫会長(電話025―768—3550)へ。

消費生活移動相談室

 弁護士による消費生活移動相談室が8月5日、午前9時半から分じろうで開催される。
 商品の契約・解約のトラブル、消費者金融の借金など不安を抱えている人を対象に秘密厳守で行われる。
 無料だが事前予約が必要で、詳細、申込みは8月3日までに市消費者センター(電話025―757—3740)へ。

百人一首練習会

 百人一首「万葉の会」(井口カズ子会長)主催の練習会「百人一首〜夏休みの巻」が8月7日、午前9時半から正午までサンクロス十日町(市内本町6)で開催される。
 対象は幼児から大人まで。参加費は無料。申込は7月31日までに北越保育園内同会事務局(電話025―757—3860)へ。

2017年07月12日

クロステン開館35周年記念「全国地場産品交流展」

 クロステン開館35周年記念事業「全国地場産品交流展」が7月15日から8月27日まで、同施設おみやげ館で開催される。
 期間中は25地域の地場産センターの協力を受け、全国を3ブロックに分けて各地のセンターを経由しなければ入手困難な地場産品を販売する。
 15日から28日は東日本編と題し、群馬県桐生市の夏用ストール、山形県長井市の競技用けん玉、長野県飯田市の水引デュフューザーなど八戸、盛岡、置賜、栃木、桐生、秩父、燕三条、甲府、塩尻・木曽、南信州飯田の品を販売。15、16の両日は八戸センターのスタッフが「いちご煮」(ウニとアワビの潮汁)を使った炊き込みご飯を試食販売する。
 29日から11日まで西日本編(高岡、一宮、三重北勢、丹後、姫路、但馬、和歌山、備後、島根、山口・防府、今治)、12日から27日まで北海道・九州編(旭川、久留米、都城、南薩摩)が催される。
 問い合わせはクロステン(電話025―757―2323)まで。

なじょもん「苗場山麓の川の生きものたち」

 津南町農と縄文の体験実習館なじょもんでは、企画展「苗場山麓の川の生きものたち」を7月15日から8月20日まで開催する。
 29日、5日にはワークショップ「船津川たんけん隊」を開催。29日は昆虫編、5日は水生生物編で、時間はの午前9時半から11時。小学校低学年以上対象、参加無料、定員16人。要予約。
 予約・問い合わせは同館(卯ノ木、電話025―765—5511)まで。

あゆ漁解禁

 平成29年度の「あゆ漁」が7月15日、解禁される。
 中魚沼漁協では今年もあゆ稚魚を15万尾放流しており、「清津川や中津川は今年も好漁が期待できます」と話している。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS