2017年 02月24日 (金曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



2017年02月23日

第4回「越後妻有 雪花火」

 三尺玉雪上花火打上げや「光の花畑」などで人気を集める第4回「越後妻有 雪花火」が3月4日、会場を昨年の1・5倍のキャパを持つ「あてま高原リゾート・ベルナティオ」に今年から変更して開催される。
 会場開場は午後5時からで、地元食材を使った温かい料理が食べられる屋台も立ち並ぶ。約2万個使用の高橋匡太アート作品「光の花畑」が雪原に広がり、DJ YUJINが会場やミュージックスターマインの音楽を監修、雪上花火で世界最大級の3尺玉打上げは午後7時からを予定する。
 会場への徒歩や自家用車入場は不可で、キナーレや十日町駅西口、青果市場、JA十日町本店、ミオンなかさと、中里支所、水沢公民館など3ルートで10分毎に運行される無料シャトルバスのみのアクセスとなる。
 雪花火チケットは大人1500円、小中学生500円。但し、越後妻有2017冬共通チケット(大人2000円、小中学生1000円)でも入場できる。同共通チケットは他にもキナーレ現代美術館やまつだい農舞台、キョロロなども楽しめ、お得となっている。

これからの妻有地区医療を考える会

 第4回これからの妻有地区医療を考える会が3月1日、午後6時半からクロステン3階レセプションホールで開催される。「十日町地域、医療の現状」や「みんなでつくる。これからの妻有地域」の講演が行われる。
 詳しくは郡市医師会事務局(電話025―752—3606)へ。

とおかまちあるき作品展

 十日町高校を今春卒業する3年生11人と一般参加者が十日町を歩き、歴史を学びながらそれぞれの視点で撮影した写真を展示する「とおかまちあるき作品展」が3月4日から11日まで、市民交流センター「十じろう」1階ギャラリーで開催される。入場無料。

雪原カーニバルなかさと「ひと坪雪あかりコンテスト」

 2万本のスノーキャンドルで知られ、3月11日になかさと清津スキー場で開催される「第29回雪原カーニバルなかさと」。同実行委では1昨年から行われている雪と灯のアート「ひと坪雪あかりコンテスト」への参加者を募集している。
 募集人員は1組5人以内で先着15組。参加費無料。最優秀賞には賞金3万円、優秀賞2万円、アイデア賞・努力賞・アート賞は各1万円が贈られる。参加締切りは2月28日。詳しくは市中里支所内の同実行委(電話025―763―2511)へ。

みんなでつくる医療・福祉フォーラム

 みんなでつくる医療・福祉フォーラム「いつまでも自分らしく、ここで暮らすために」が3月11日、午後1時半からクロステン大ホールで開催される。参加無料も3月1日までに要申込。
 県立十日町病院の吉嶺文俊院長を座長にリレートーク、新大大学院の井口清太郎特任教授による講演「地域住民と新しい地域医療を拓く」、みんなでトーク、まとめと宣言が行われる。
 またお昼12時半から健康チェックも希望先着順に実施する。詳しくは県十日町地域振興局健康福祉部地域保健課(電話025―757—2401)へ。

十日町・津南就職ガイダンス

 十日町地区雇用協議会主催の平成30年3月大学等卒業予定者(卒業後3年以内含む)を対象とした「十日町・津南 就職ガイダンス2018」が3月18日、午後1時から3時半までクロステン大ホールで開催される。
 参加自由。参加企業30社程による90秒スピーチに続き、各企業ブースでの自由面談となる。

TSUMARIカップビーチボール大会

 第2回TSUMARIカップビーチボール大会が3月19日、午前9時半から川西中学校体育館で予定され、主催者では参加チームを募集している。
 種目は一般の男女混合年齢制限無しで、市内在住者、市内の事業所に勤務する者及び大会事務局が認めたチームが対象。
 参加費は2千円で、申込みは3月6日までに、所定用紙で事務局(FAX768—2659)へ。詳細に関する問い合わせは保坂和則実行委代表(電話080—1170—6862)へ。

健康卓球交歓会

 健康卓球交歓会が4月29日、午前9時から川西総合体育館で予定され、主催のゆうゆう健康卓球教室では参加者を募集している。
 ラージボールを使用しリーグ戦形式で行う。種目は男女シングルスと混合ダブルス。参加費は千円で、申込みは所定の用紙に記入し、来月31日までに渡辺一治郎代表(ファックス025—768—4608、電話090—2235—3942)まで。

2017年02月15日

弁護士による消費生活移動相談室

 十日町市は3月12日、商品・サービスの購入・契約・解約時のトラブル、消費者金融やクレジット等の借金で不安や悩みを抱えている人を対象に、弁護士による無料相談会を本町2の市民交流センター分じろうで開催する。
 相談は定員4人(先着順)で、事前予約が必要。申込みは3月9日までに市消費生活相談窓口(電話025―757—3740)まで。

2017年02月09日

雪国とおかまち 元気!プレミアム商品券

 十日町市は緊急経済対策を目的に2月23日から「雪国とおかまち 元気!プレミアム商品券」(実施主体は市プレミアム商品券実行委員会)を発行する。
 総額は2億4千万円(2万冊)で4千万円分がプレミアムとなり、1冊1万円で1万2千円分の買物が可能となる。
 1世帯1冊購入可能となる引換券を10日発行の市報に折込み、23日午前10時から商議所や各商工会、市本庁や各支所、各公民館、協賛店舗などで引換える。また26日から1人3冊を売切れるまで販売する。なお、同商品券の使用期限は5月31日までの3カ月間と短期間なので注意が必要だ。

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS