2017年 09月21日 (木曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



2017年09月13日

JR千手発電所一般公開

 JR東日本・信濃川発電所では9月23日、午前10時から午後3時まで市内上新井のJR千手発電所「一般公開」を開催する。入場無料。
 普段は見れない施設見学や発電のしくみコーナー、シネマギャラリーやサイエンス教室、写真パネル展、屋外スペースではミニ新幹線乗車やメンテナンス車両体験乗車コーナー、アトラクションやイベントコーナーなど、模擬店と共に楽しめる。

きものの街のキルト展秋の企画展

 きものの街のキルト展秋の企画展が9月16日から24日まで、3会場で開催される。
 3会場共通入場券は500円で、問い合わせは市観光協会(電話025―757—3345)へ。内容は次の通り。
 ▼布絵の世界 皆川末子(エコマール)▼フェリーサのHappy  Quilt Life 中沢フエリーサ(分じろう・十じろう)

まちなか国宝展

 まちなか国宝展が9月23、24の両日、分じろうで開かれる。
 きものの街のキルト展にあわせて行われるもので、国宝・火焔型土器(指定番号5)が展示される。国宝の実物が市街地で展示されるのは珍しく、貴重な機会となる。

雪文化3館25周年記念特別展「雪と生活」

 市博物館では9月14日から11月20日まで、雪文化3館25周年記念特別展「雪と生活」を開催する。
 十日町市博物館、南魚沼市のトミオカホワイト美術館、鈴木牧之記念館の3館が姉妹館提携を結んで25周年を迎えたことを記念して開かれるもの。
 トミオカホワイトからは富岡惣一郎の絵画、鈴木記念館からは北越雪譜の挿絵、市博物館からは冬の民具が展示される。原則、月曜日休館。

認知症講演会「当事者の話しに耳を傾けよう」

 市主催の認知症に優しい地域づくりをめざす認知症講演会「当事者の話しに耳を傾けよう」が9月23日、午後1時半から4時まで十日町情報館視聴覚ホールで開催される。入場無料も要申込(20日まで)の定員100人。
 第1部は日本認知症ワーキンググループの竹内裕さんによる基調講演、第2部は「認知症サポーターになろう」講座となる。申込は市医療介護課医療・おとしより支援係(電話025―757—9758)か各地域包括支援センターへ。

古民家で野の花展

 第6回古民家で野の花展が9月30日から2日間、市内室野の奴奈川姫の家で開催される。
 入場無料で、問い合わせは野の花を活ける会(電話090―5255―9699)へ。

ハロウィンフェス

 ハロウィンフェスが10月1日、午前11時からナカゴグリーンパークで開催される。入場無料。

宮中取水ダム魚道見学イベント

 JR東日本では宮中取水ダム魚道見学イベントを10月1日、午前10時から午後2時頃まで開催する。魚道観察室やダム見学に加え、魚道でのサケ採捕の様子も見れ、中魚沼漁協協力で子ども向けニジマスつかみ取りも実施する。参加無料。
 定員120人で参加者を募集中。締切りは9月28日(先着順)。申込はフリーダイヤル0120—439—340へ。

きのこ鑑別講習会

 十日町食品衛生協会(山口康司会長)主催の恒例「きのこ鑑別講習会」が10月11日、午前9時半から午後2時20分まで市内中里地域の清田山キャンプ場で開催される。
 参加費無料できのこ汁サービス。参加申込は市環境衛生課(電話025―752—3924)、川西支所と中里支所は各地域振興課、松代と松之山は各商工会へ、津南町役場は町民課へ。

2017年09月06日

旧村山家周辺整備ボランティア募集

 松之山の文化財支援活動実行委員会では9月18日、午後1時から「旧村山家主屋・表門」の周辺整備ボランティア作業を予定しており、参加者を募集している。
 第1部はボラ作業を行い、第2部は同4時半から会費千円で村山家ゆかりの作家・坂口安吾が愛飲した清酒「越の露」を味わいながら、村山家の歴史や今後について語りあう。
 申込み、問い合わせは松之山公民館(電話025—596—2265)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS