2021年 09月18日 (土曜日)

カテゴリー

« ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞7月22日号 | メイン | 【新型コロナ】十日町市の20代男性1人が感染 »

五輪クロアチア選手団が来市 オンラインや練習見学会で市民と交流

210722_01.jpg 210722_02.jpg

 あす23日開幕の東京オリンピックに出場するクロアチア共和国選手団が13日から18日まで、同国のホストタウンに登録されている十日町市で事前キャンプを行った。今回来市したのは、柔道(選手3人、コーチ1人)・テコンドー(選手4人、コーチ3人)の計11人。選手らは期間中、ベルナティオの別館を貸し切って滞在し、練習は中里アリーナで行われた。勢いの衰えを見せない新型コロナ禍の影響で市民との交流は極めて限定的となったが、リモート形式での交流や人数を絞った練習見学会などが行われ、柔道や空手に打ち込む児童らから、大舞台に赴く選手団にエールが送られた。18日からは空手選手団が事前キャンプを開始しており、来月1日まで滞在する予定だ。
(写真:中里アリーナで練習する柔道代表選手、オンラインで住民らと交流会)
《本紙7月22日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月22日号は・・・・
▼市内9医療機関で個別接種開始 十日町市ワクチン接種、通常枠を延期し個別・先行接種を拡大
▼9月下旬ワクチン接種完了めざす 津南町、59歳以下は26日から
▼角屋社屋別館が国登録有形文化財に 国文化審議会が答申、豪雪地の町家の特徴を示す
▼犯罪・非行防ぐ予防的活動を 十日町・津南地区保護司会、社会を明るくする運動で首長訪問
▼秋山郷に長井惇子さんが着任 津南町地域おこし協力隊
▼津南町に100万円を寄付 滝沢正義前(株)津南油圧常務が
▼クロアチアのフレーム切手を発売 郵便局、十日町市との交流の深化を願い
▼豊漁と安全を祈願 中魚沼漁協がアユ解禁日に清津川で
▼地元活気づけるカフェ&ジム コロナ禍でUターンの姉妹が「ever.doichi」開業
▼南中、悲願の県制覇は惜しくも逃す 県中学野球で初の準優勝、北信越で全中を狙う
▼〈陸上インターハイ〉十高から大量15人、渡邊が2種目、競歩は制覇めざす 総合高・上村は円盤投げで
▼古刹の神宮寺で十七夜御祭礼 昔の草競馬「馬っとばし」を再現
▼縄文造形の鬼才・故村上原野展 なじょもん、父・猪風来と小林達雄氏が思い語る
▼小坂幸平さんが日本の自然写真コンテストで優秀賞 秋山郷でカモシカの親子捉える
▼市外通学の学生が感染 新型コロナ、管内45日ぶり
▽「あんしん」体験記 支援センターあんしん・元十日町新聞編集長・島田実 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS