2022年 06月28日 (火曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】十日町市1人、津南町4人が感染 | メイン | 夏の雪まつり「ナツユキ」 »

〈津南町長選〉桑原悠氏が2新人退け2選果たす 接戦演じた小野塚氏を1100票差で下す

220623_01.jpg

 任期満了に伴う津南町長選挙の投票が19日に行われ、即日開票の結果、現職の桑原悠氏(35・貝坂)が、前副町長の小野塚均氏(66・辰ノ口)、元町議の藤木正喜氏(67・米原)を下し、2選を果たした。戦いは事実上、桑原氏と小野塚氏の一騎打ちの様相となり、中盤以降、小野塚氏が強固な選対組織を活かして優位に戦いを進めたが、桑原氏は投票3日前になって総決起集会を決行するなど終盤で盛り返し、約1100票の大差をつけて勝利した。投票率は78.6%(当日有権者数7740人)と4年前の前回選を0.82ポイント上まわった。
(写真:万歳で支援者と当選を祝いあう桑原氏)
《本紙6月23日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月23日号は・・・・
▽町民を守り、町の将来を作る 桑原町長が再選後初登庁で抱負
▼〈衆院選小選挙区区割り勧告〉6区は魚沼が加わり新5区に 梅谷、高鳥の両代議士は前向き
▼衆院選新区割りに衝撃、上沼道は新5区の大動脈に 関口十日町市長、林南魚沼市長
▼関越道下にトンネルを建設、通行を止めずに進める難工事着工 八箇峠道路野田IC-余川間
▼市で働き続ける魅力を市民に伝えていく 市議会6月定例会一般質問
▼〈町議補選〉無投票初当選の江村大輔氏に証書 議員活動に抱負、町長選にも言及
▼契約金額は約4億2千万円で微増 シルバー人材センター総会、会員高齢化で屋外作業に影響
▼市内14団体に737万円を助成 共同募金助成金交付式、市社協表彰式も開催
▼家で眠っているものが宝物に 吉田中が持続可能な社会めざしフリーマーケット
▼E-RexがJBCに雪辱し優勝 郡市小学校野球大会 など

☆★☆郡市内の新聞販売店・コンビニ、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS