2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« 十日町市から4氏が受章 春の叙勲 | メイン | 春の高校野球県大会 十高が準優勝、北信越大会へ »

連日の好天で客足好調 GWの行楽地

100510_01.jpg

 今年のゴールデンウィークは連日の好天により、帰省や行楽地などに出かける人の動きが活発となり、当地域の行楽地も多くが例年並みかそれ以上の人出で賑わった。大河ドラマ「天地人」と高速道路の自動料金収受システム(ETC)割引のダブル効果で賑わった昨年には一歩及ばなかった施設・観光地がほとんどだったが、行楽帰りの客の取り込みに成功した一部の温泉、大地の芸術祭関連イベントを展開した施設、残雪の影響がなかった屋外施設などで昨年を上まわる入り込みを記録した。
(写真:行楽帰りの人などで連日賑わったキナーレ明石の湯)
《本紙5月10日号1面より抜粋》

十日町新聞5月10日号は・・・・・
▼インターハイ総合優勝の快挙を称え 十高スキー部が報告会・祝勝祝賀会
▼大楽観、大肯定が成功の秘訣 十日町JC公開勉強会で中博氏
▼「共に生きる」ための第一歩を踏み出す 川西高とふれあいの丘分校生徒が対面式
▼なでしこジャパンがベルナティオで合宿 成都でのアジアカップ2010目指し
▼十日町弁で信濃川の魅力を紹介 児童専門書の偕成社が全国出版
▼15年の感謝を込めて コーラスラインが結成15周年記念コンサート
▼第2回坂口安吾まつりin松之山 長男の綱男氏が写真とトークで偲ぶ
▼林野火災相次ぐ/山菜採り男性が行方不明、捜索続く など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS