2017年 12月12日 (火曜日)

カテゴリー

« 病院建設場所は病院局長に報告済み 関口市長が知事会見に反論 | メイン | 【地震情報】震源は上越地方、松代で震度4 »

抜本的解決策検討で合意 清津川分水発電問題で3者会談

100930_01.jpg

 清津川から取水し、魚野川に放流している東京電力・湯沢発電所の水利権更新を巡り下流の十日町市と南魚沼市が対立している問題で28日、泉田裕彦県知事と関口芳史十日町市長、井口一郎南魚沼市長による3者会談が県庁で行われた。会談後、泉田知事は「抜本的解決策を検討する仕組みを作りたい」と、清津川からの放流に頼っている魚野川流域の現状を見直し水確保策を検討すべく、専門家を入れた議論を開始する意向を示し、両市長も一緒になって検討しようという県の姿勢を高く評価した。また当面の水利権更新問題については、来月末までに県が間に入り調整していく意向も示した。
(写真:知事室で行われた3者会談冒頭)
《本紙9月30日号1面より抜粋》

十日町新聞9月30日号は・・・・・
▼自分が光をあてなくて誰がやるのか 尾身県議が次期県議選に向け強い決意
▼毎日同じでは満足に値しない カリスマ販売員の齋藤さん講演
▼小林萌夢さん(下条中)が最優秀賞 中学生わたしの主張県大会
▼介護も芸術的にやろう! 田辺鶴瑛さんが修羅場講談を披露
▼世界に先駆け十日町で公開 芸術祭が生んだ映画「小屋丸夏と秋」
▼名言集「今月のことば」出版 (財)上村病院の上村晃一理事長
▼魚沼初の電気自動車充電器を設置 十日町小嶋屋が無料サービス開始
▼西小が「教育の日」作りフリー参観 中央高ダンス部がパフォーマンス披露
▼妻有キッズ十日町・津南が準優勝 フレッシュミニバスケ県大会 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS