2017年 11月23日 (木曜日)

カテゴリー

« 津南町議会が副町長人事に不同意 | メイン | 行方不明女性が遺体でみつかる 死因は凍死 »

今年最大の成果はJRとの協定 関口市長が1年を振り返る

101220_01.jpg

 関口十日町市長は13日、定例記者会見を行い、記者クラブからの「12月の年末に当たり、この一年を振り返って市政運営の感想を聞きたい」との質問に対して答えた。関口市長は最大の成果としてJR東日本との協定により信濃川水問題の解決が図られた事を挙げ、新十日町病院の改築の目処が立ったこと、十日町小学校に併設する市立の特別支援学校、清津川の水問題の新たな方向が見えた事、などを成果として振り返った。
(写真:記者会見で今年1年を振り返る関口市長)
《本紙12月20日号1面より抜粋》

十日町新聞12月20日号は・・・・・
▼中魚沼漁協が東電社長に要求書 信濃川発電所水利権更新問題
▼十日町商工会議所が市に要望書 平成23年度の産業施策に対して
▼環境配慮の小水力発電開始 秋山郷奥地に東電・栃川発電所
▼全国大会での活躍は喜びと大きな財産 十日町相撲連盟が選手招き報告祝賀会
▼モニター97%が「花粉症改善」 魚沼山菜農園「サルナシ」サプリ
▼公孫会中魚沼支部が10万円寄贈 6年連続で市社会福祉協議会に
▼都市住民と収穫祭 北鐙坂体験農業、成果と課題得て来年も継続
▼箱根駅伝・田村英晃選手を応援しよう 東農大関係者らがツアー参加者募集
▼上野の女性が行方不明 19日未明、上野郵便局前を最後に など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS