2017年 10月18日 (水曜日)

カテゴリー

« 第5回展に向け提言書案を提示 大地の芸術祭の里検討協全体会 | メイン | 教育長に桑原正氏 津南町議会が満票で同意 »

スイーツと男ゆかた企画が上位に 十日町市ビジネスコンテスト

110228_01.jpg

 県内外の大学生に「十日町市で行うビジネス」をテーマに若者ならではの斬新なビジネスプランを提案して貰う十日町市ビジネスコンテスト「トオコン」本選会が26日、当間高原リゾートベルナティオのフォーラムセンターで開催され約100人が参集した。企業らとのマッチングによる優秀提案実現を目指す本選会には、予選会を勝ち上がった6チームが出場。最優秀賞には新潟産業大学・チームNSUの「十日町を糖菓町へ~スイーツで町おこし」が輝き、2位には長岡大学・松本ゼミ2軍の「男ゆかた文化の提案と普及~レンタル事業を通じて」、3位には新潟産業大学・チーム燦水会の「各地のFM放送を使った低コストな『街の活性化』実験」が選ばれた。関口市長は「具体的提言、すぐにできることが沢山あった。マッチングはしっかり市が支援する」と高く評価し、第2回開催に向け意欲を示した。今後、どう実際に結実されていくのか注目される。
(写真:男ゆかた企画発表)
《本紙2月28日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月28日号は・・・・・
▼県内初の野球障害メディカルチェック 小中高校生を対象に実施 
▼連合が市政全般にわたって要請 雇用創出や十日町病院問題など
▼新たな信濃川のあり方検討委員会立ち上げ 信濃川のあるべき姿の実現目指す
▼「食」が先ではなく「まちおこし」が先 B級ご当地グルメの俵事務局長が講演
▼魚沼市ものづくり協を学ぶ 夢21が第1回交流講演会を開催
▼今後も良い地域間交流を 15周年の岡山県山手地区・中条交流
▼伝統文化を後世に伝えたい 万葉の会が百人一首を楽しむ会
▼越村大吉元市議が逝去/市内クロカン・アルペン大会結果 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS