2017年 10月24日 (火曜日)

カテゴリー

« 長野県北部地震情報(12日午後5時現在) | メイン | 国道117号、353号が通行可能に »

<長野県北部地震>十日町市津南町で震度6弱、上郷や松之山に甚大被害

110315_01.jpg 110315_03.jpg

 12日午前3時59分、長野県北部を震源とする強い地震が発生、同県栄村で震度6強、十日町市と津南町で震度6弱の揺れを観測した。震源の深さは約8㌔、地震の規模を示すマグニチュードは6・7。この地震により県内では約30人が重軽傷を負い、十日町市では9人、津南町では17人が軽傷を負った。また各地で雪崩や土砂崩れが多発、郡市内では揺れが大きかった津南町上郷地域、市内松之山地域を中心に道路や建物に被害が出た。国道117号線は県境で、国道353号線は松之山-津南町間で通行止めが14日現在も続き、JR飯山線は栄村で線路下の土砂が大きく崩れるなどの被害を受け運休、両国道、飯山線ともに復旧の目処が立っていない。
(写真:土砂崩れによりレールが宙に浮く飯山線、大きな亀裂が入った津南町田中の町道)
《本紙3月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月15日号は・・・・・
▽12日未明、再び大地震発生 国道、飯山線は復旧目処立たず
▽泉田知事が松之山地域避難所視察 生活再建に向けた取り組みを約束
▽市内40超の公共施設で被害 ユーモール片付けに大学生150人
▽土砂崩れで住宅2棟流出 住民3人奇跡的に無事救出
▽地震発生でイベント中止や延期/市内13温泉で無料開放
▼<東日本大震災>巨大津波で壊滅的な被害、市内でも負傷者
▼九死に一生を得て生還した太田さん親子 東日本大震災の陸前高田市で被災
▼平成21年度自殺率は県内20市でワースト1 市議会一般質問
▼須田選手、U―16日本代表に召集 中条中の山本選手ら県優秀選手に など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS