2017年 11月25日 (土曜日)

カテゴリー

« 高床住宅の税負担を軽減へ 関口市長が定例記者会見で発表 | メイン | 十日町病院改築は25年度着手 尾身県議が記者会見 »

かつての名所・愛宕山公園の桜が満開に

120430_02.jpg

 雪が消えれば越路の春は 梅も桜もみな開く―。十日町小唄にあるように、雪消えの遅れから郡市内では梅や桜など早春から中春の花が同時に咲き誇り、花々が長かった豪雪の冬の終わりと春の訪れを告げている。
 かつて桜の名所として賑わった市内川原町の愛宕山公園。近年は鳥害や病気により桜の花が多くつかない状況が続いたが、今年は一変して満開に。公園内には雪が残り、桜と残雪の競演が訪れる人の目を楽しませている【写真】。
 近くを通りかかりたまたま公園を訪れたという50代女性は「若い頃は春になるとここにボンボリが出て賑やかでした。メーデーもここでやったっけ。若い頃に見たときよりも桜の木が大きくなっていて、あまりの綺麗さに驚きました」と、嬉しそうに桜を見上げていた。
《本紙4月30日号2面より》

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS