2017年 04月27日 (木曜日)

カテゴリー

« 女子レスの世界選手権優勝と五輪競技復活を祝う | メイン | 市展賞に冨沢氏(写真)高橋氏(洋画)ら 第46回十日町市美術展 »

市内津池で地すべり発生 1世帯が自主避難

131023_01.jpg

 市内津池地内で発生していた地すべりが23日夕方に拡大し、主要地方道十日町六日町線が同日午後7時から全面通行止めになっている。また、現場近くに住む1世帯1人(80歳代女性)が親戚宅へ自主避難している。
 地すべりは十日町六日町線と平行する田川の間の斜面で、川側に滑るように起きており、21日に発生が確認され、23日現在も少しずつ滑り続けている。23日朝現在、幅約80m、長さ約40mにわたって崩れており、最上部は十日町六日町線に到達、同道がセンターライン近くまで約30mにわたり路肩決壊している。迂回路は県道新座八箇線。
 復旧について、同道を管理する県十日町地域振興局地域整備部は「現在も動きが続いており、現段階では具体的な対策ができない。今後も動きを確認しながら対策を考えていきたい」と話している。
(写真:地すべりにより路肩が崩れた主要地方道十日町六日町線)

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS