2017年 10月18日 (水曜日)

カテゴリー

« 盛大にきものフェスタ2014 和爽の粋・単衣きもの新提案Ⅱを | メイン | 火災住宅から寝たきり高齢女性を救助 中沢、野沢、福原氏に感謝状 »

スノーシェッド柱に亀裂、長期化の様相 十二峠土砂崩れ

140424_01.jpg 140424_02.jpg

 今月5日に発生した市内葎沢地内の国道353号十二峠の大規模土砂崩れ現場を17日、自民党の参議院議員で十二峠新トンネル開削期成同盟会の水落敏栄会長が視察した。遠隔操作のバックホウ投入により14日から国道崩落の土砂除去作業に着手した現地では、復旧工事の進展で新たに崩落土砂で猿倉第2スノーシェッドの柱8本に亀裂があるのを目視で確認、通常重機では危険な急斜面の不安定土砂の除去作業に高所法面掘削機(ロッククライミングマシーン)を投入する方針を固めるなど、長期戦の様相を呈している。水落会長は「この土砂崩れは危惧していた事態そのもの。新トンネル開削を強く要望したい」と決意を示した。また自民党の高鳥修一代議士も12日に現地を視察している。
(写真上から:土砂崩れ現場を視察する水落会長と22日現在の同現場)
《本紙4月24日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月24日号は・・・・
▼竣工記念スポーツイベント賑わう 「中里地域の宝」なかさとアリーナ
▼「名前の無い道・ツールド妻有」特別試写会 泉山監督ら4人がトークショー
▼大地の芸術祭が縁で結婚 3組を民族儀礼と芸術の融合で祝福
▼JA十日町が川西支店の地鎮祭を挙行 千手と橘を統合、今秋オープン
▼山田武雄、阿部康弘、小池豊の3氏が入会 十日町LCが入会式
▼泉田知事に雪下にんじんをPR 上村町長、桑原町議らが
▼本で心の栄養を大切に 十日町法人会が津南町5小学校に190冊寄贈
▼津南町から東京五輪の選手を 重量挙げ三宅義行・宏実親子が講演
▼中林樹輝君が全日本珠算選手権出場 小学生県代表として最高峰の大会へ
▼村越裕太郎選手が銅メダル INASスキー世界選手権クロカン競技で
▼雪国の短い春を満喫 市内各地で桜が満開
▼春の妖精、瑞々しく 野口水ばしょう公園でいま見ごろ など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS