2017年 08月23日 (水曜日)

カテゴリー

« 新十日町病院の改築工事に着手 平成28年3月部分開院、全開院は32年4月 | メイン | 賑やかに盆おどり 智泉寺観音広場で園児らが十日町小唄 »

暫定通行で「8月6日」再開へ 全面通行止め続く十二峠

140731_01.jpg

 4月5日の大規模土砂崩れから4カ月にわたり全面通行止めが続く国道353号十二峠の地元説明会が24日夜、土倉地区と清津峡地区で開催された。県十日町地域振興局地域整備部は今後の天候に左右される面もあると前置きしながら、時間を区切って片側通行を再開できる目標日として「8月6日」を示した。通行可能となるのは当面の間、わずか1日延べ計5時間で、夜8時から夜間は全面通行止めとなる。但し、お盆期間5日間は朝7時から夜7時まで片側通行が可能となる。県担当者は「秋の観光シーズンには、日中の通行止めはなくしたい」と話した。
(写真:24日に開かれた地元説明会)
《本紙7月31日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月31日号は・・・・
▼町長の選挙公約に質問集中 津南町議会一般質問、JAと農産加工品研究委立ち上げへ
▼地酒で乾杯条例を否決 津南町議会が7対8の僅差で
▼十日町市の省エネ取り組みに感謝状 ヒートポンプ・蓄熱センターが
▼信濃川の面的水温調査開始 今年から4地点で正式調査に
▼放流量と更新期間を会員意向調査 今年度が山場、信濃川をよみがえらせる会
▼新会長に村山隆義氏就任 市農業委員会の新委員決まる
▼第20回十日町石彫シンポ開幕 3人の作家が17日まで公開制作〔動画あり〕
▼夏の交通安全運動実施中! 交通指導所やシニアカー講習会など
▼池田貴将選手(日本文理)甲子園へ 南中出身、親子2代の夢再び
▼ひまわりのような家庭を 津南ひまわり広場で野外結婚式〔動画あり〕
▼町出身者もまつりを盛り上げ 津南まつりに7300人の人出〔動画あり〕
▼車上狙いの長岡市男性を逮捕 家人が目撃し通報
▼無施錠率は県下ワースト1 十日町署管内の侵入盗、車上狙い、乗り物盗被害

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS