2017年 10月18日 (水曜日)

カテゴリー

« 県が2機目のドクターヘリ導入を決める 来年秋稼働、基地病院は長岡日赤に | メイン | 津南町下日出山で住宅全焼 »

第6回大地の芸術祭の入込みは過去最多の51万人

151001_01.jpg

 関口芳史十日町市長の定例会見が先月24日に行われ、7月26日から9月13日まで会期50日間で開催された「第6回大地の芸術祭」(十日町市・津南町)の入込客数が51万690人と、3年前の前回展より2万1842人増となり、過去最高に上ったと発表した。前回第5回展では会期51日間で最多記録の48万8848人だったので、1日平均の入込は約9585人。これに対し今回展の1日平均は約1万213人と、初めて1万人の大台を超えた。最も人数が増えたのは、各地に点在する主要21作品の入込客数で、前回比26.7%増となった。
(写真:全作品拠点で入場者が最も多かったキナーレ)
《本紙10月1日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月1日号は・・・・
▼交通死亡事故ゼロ10年めざし誓う 中里地域でゼロ3千日達成記念式典
▼安協津南町女性部が関東警察表彰 秋の全国交通安全運動表彰式
▼党厚労部会長としての活躍を披瀝 高鳥代議士国政報告会、塩崎厚労大臣講演会も
▼合同訓練で防災意識を高めよう LPガス協会と中核充填所が共同実施
▼個性派ぞろい男女9人が共同生活、民間版地域活性化拠点に ギルドハウス十日町
▼サケ遡上数の調査開始 宮中ダム魚道にトラップ設置
▼信濃川に親しみ、川との共生考える みんなで川ごったく開催
▼ミニSLまつりに多くの家族連れ 3日間で1千人超える乗車〔AR動画あり〕
▼大編成で吹奏楽本来の楽しさを 十日町ジュニアと5中学が合同演奏会
▼水沢地区振興会が木こり体験 間伐体験を通して若者が交流深める
▼生きる知恵、自然とのつながり大切に たからさがしカーニバル開催
▼十日町JBCが年間チャンピオンに 本社杯争奪少年野球大会
▼十日町市の地域おこし協力隊に新隊員2人 津南町にも新隊員1人
▼真昼の商店街で連れ去り未遂 傷害容疑で南魚沼市の男性逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS