2017年 10月22日 (日曜日)

カテゴリー

« 100年に向けて感謝と未来への決意を 十日町高等学校が創立90周年式典 | メイン | 清津峡トンネルでお洒落にボジョレ 1週間で予約満杯も同トンネルでは最終回 »

<津南町議会正副議長選>議長に草津進氏、副議長に桑原悠氏 人口問題全力議会がキーワード

151119_01.jpg

 津南町議会の改選後初の臨時議会が13日に開かれ、議長、副議長をはじめ各委員会の人事が決まった。議長、副議長は選挙の結果、議長に草津進氏(66歳、6期目)、副議長に桑原悠氏(29歳、2期目)が選ばれた。桑原氏の副議長就任は町議会史上最年少、女性では初めて。選挙では両氏とも人口減少問題への早急な対策を訴えた。桑原氏は「今議会は人口問題全力議会というのがキーワード」とし、草津氏も「人口減少は全てのものに影響がある。人のいないところに活気はない。同問題に取り組む特別委員会の設置を検討したい」と決意を語っている。
(写真左から:握手を交わす草津議長と桑原副議長)
《本紙11月19日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月19日号は・・・・
▼<NGP津南>町推薦の加藤社長、三宅副社長を解任 突然の解任劇、後任に樋口総支配人ら
▼宮中ダムで過去最多1514匹のサケ遡上を確認 昨年の倍以上と記録更新
▼住み慣れた地域で暮らすために 医療シンポ、医師・看護師不足や高齢化も課題に
▼健康ビジネスサミット2015を開催 あてま高原ベルナティオを会場に
▼地域医療構想について塚田院長が講演 十日町市議会主催のまちづくり講演会で
▼吉村彰子さんに厚労大臣賞 年金制度の普及・啓発に貢献
▼十日町石彫会の角谷氏が県知事賞 県芸術美術展、書道の岩田氏は会員賞に
▼松之井が純米酒の部で優秀賞に 関東信越国税局酒類鑑評会で
▼十日町を優しい笑顔で満たそう 労金十日町50周年講演で夜回り先生・水谷氏がメッセージ
▼きものの集いの会が創立30周年祝賀会 茶席、木村孝さんの講演などで祝う
▼ギターの限界超えた超絶奏法で魅了 ギタリスト・谷本光氏が吉田商会でライブ
▼アプリ「魚沼米姫」がにいがたデジコンで優秀賞 市内出身の樋口さんが開発〔AR動画あり〕
▼生徒代表も車椅子バスケに挑戦 中里中で障がい者スポーツの講演と実演
▼約187万円の架空請求被害 市内在住の60歳代男性が
▼信濃川の中州に白骨遺体 4月から不明の松之山松口の男性と判明 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS