2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

« 29年度から魚沼市が新規加入 信濃川火焔街道協議会が臨時総会 | メイン | 44年ぶりに飯山線をSLが走行 十日町駅、津南駅で市民らが熱烈歓迎 »

豪雨災害の大型復旧工事が完了 羽根川沿いで2事業合同竣工式

161117_01.jpg

 平成23年7月の新潟・福島豪雨で甚大な被害を受け取組まれてきた羽根川の災害復旧助成事業と田麦地区の砂防激甚災害対策特別緊急事業の合同竣工式が10日、工事が完了した壁面に面した旧六箇小グラウンドで開催され、国県市や地元住民、工事業者など約140人が列席し、事業の完了を祝った。記録的な豪雨発生から5年、河川拡幅などにより羽根川は先の豪雨で発生した70年に1度の確率となる毎秒280㌧の洪水が再度発生しても氾濫しないなど安全性が格段に高まった。市内では晒川復旧事業等に続き豪雨被害に対する主な復旧改良大型事業は農地等を除き完了したことになる。
(写真:ソメイヨシノの若木を記念植樹)
《本紙11月17日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月17日号は・・・・
▼千曲川・信濃川にサケ群遡上を目指す 「復活する会」が発足、会員募集を開始
▼サケ遡上は昨年の3分の1に 宮中ダム魚道調査、昨年の反動や台風も影響か
▼姉妹都市・コモ市で「へぎそば」大好評 十日町市訪問団が活動内容を記者会見
▼きもの文化村構想に推進協が寄贈 きものブレイン本社にかつての同志集う
▼霧の塔と松乃井に優秀賞 第87回関東信越国税局酒類鑑評会で
▼アップルとおかまちが1周年イベント 第1回アップル祭を開催しPR
▼清掃を通して心を磨く 日本を美しくする会が十中で清掃実習
▼買い物客に「火の用心」を呼びかけ 火災予防運動で愛宕幼稚園児らが
▼141年の歴史に幕を下ろす 倉俣小閉校式典に300人参集
▼閉校式に向け気持ち新たに 川西高校同窓会、最後の総会で解散を承認
▼読書おたよりコンクールで最高賞 小山さん親子が県知事賞に輝く
▼急逝した菊扇寿昌会長を偲び 新つまり舞踊協会が最終公演
▼ジュニア五輪へ3選手が挑む 十日町相撲教室の関、黒崎が北信越で初優勝 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS