2017年 08月18日 (金曜日)

カテゴリー

« 44年ぶりに飯山線をSLが走行 十日町駅、津南駅で市民らが熱烈歓迎 | メイン | 第68回十日町雪まつりの企画を発表 雪まつり合同プレイベント開催 »

県政は急ハンドル避け丁寧に進める 囲む会で米山知事が意気込み示す

161201_01.jpg

 「新潟に新しいリーダーを誕生させる会」十日町・津南主催の森ゆうこ参院議員と米山隆一新潟県知事を囲む会が先月23日、ラポート十日町で開催され、支援者ら約170人が参集した。7月の参院選に続き、10月の県知事選に野党共闘体制で連続勝利したことを受け、地元選対による当選祝賀会となった。米山新県知事が地方の囲む会に出席するのは県内初となり大きな注目を集めた。米山知事は県政について「きちんと見て丁寧に進め、米山を選んで良かったと思って頂けるよう全力で取組んでいきます」と決意を示し、火焔型土器聖火台の実現にもタッグを組み国に要請していくと示した。
(写真:児童から花束を贈られた米山知事と森参院議員)
《本紙12月1日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月1日号は・・・・
▼待望の小原バイパス1.9キロが開通 国道353号、山崎交差点から宮中にアクセス
▼晒川ダム供給エリアへの送水能力も 新潟福島豪雨被災の新田川揚水場が完成
▼清津川フレッシュパークに「川っぺり足湯」完成 無料で楽しめる交流施設〔AR動画あり〕
▼十日町警察署松之山駐在所が開所 3ヵ所の駐在所を1ヵ所に統合
▼秋は1日千人余と夏の半減 大地の芸術祭の里秋の入込み数
▼川崎市のものづくり企業が視察 十日町市の製造業と情報交換行う
▼新耐震で熊本激震地3割大破倒壊 建築士会ら研修会で宮澤名誉教授が警鐘
▼十中の中林煕瑠君が県最優秀賞に 青少年読書感想文コンクール
▼「食卓から健康作り」歩み半世紀 食推協やまな会が50周年を祝う会
▼角間・土倉に林野庁長官賞 林道維持管理部門で全国表彰
▼宮澤健二氏の写真も採用 勤労者山岳連盟2017年カレンダー
▼【連載】箱根路を駆け抜けた妻有の勇者達 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS