2017年 12月16日 (土曜日)

カテゴリー

« <市議会一般質問>防災対策は既存手段の見直しを行う 関口市長、水害避難準備情報を教訓に | メイン | 美人林ものがたり展 »

新ブランド「米屋五郎兵衛」で独自販売拡大 JA十日町、拠点の利雪型倉庫・精米施設完成

170928_01.jpg

 JA十日町(柄澤和久経営管理委員会長)が建設を進めていた利雪型低温倉庫・精米施設がこの程、川西地域上野の国道252号沿いに完成し、竣工式が19日、同施設で挙行された。これは激化する産地間競争を勝ち抜くため3年がかりで準備を進めてきたもので、雪の特性を生かして今期産米からコシヒカリの新たなトップブランド『米屋五郎兵衛』を立ち上げ、多様な商品の提供と生産者の増収を図ることにしている。
(写真:完成した新施設とテープカットを行う関係者)
《本紙9月28日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月28日号は・・・・
▼原発再稼働で30キロ圏内自治体の意見 米山知事と新県政記者クラブとの会見
▼学力向上も不登校率いまだ高し 小中一貫教育3年間を市教委が検証
▼自民党十日町市議の会が要望書提出 選挙により遠田会長以下15人に増員
▼駐日大使夫人がクロアチア授業 まつのやま学園の5年から9年生に
▼トーゴ共和国駐日大使らが来市 プライベート旅行できもの絵巻館など見学
▼韓国農家などが「さるなし」を視察 (株)藍匠の取り組みや農園を
▼秋の全国交通安全運動スタート 多彩なイベントで安心な街目指す
▼施設見学や企画山盛りが人気 JR千手発電所一般公開賑わう
▼ローカルアスロンに県内外から27人 昨年中止のラフティングでスタート
▼全国大会30年連続出場の快挙祝う 小さな伝統校・貝野小、リコーダー部が記念演奏
▼十日町アスレチッククラブが5連覇、全国大会へ 県ジュニアクロカンリレー大会
▼コンバインにひかれ死亡 松代仙納の高齢男性が など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS