2020年 07月04日 (土曜日)

カテゴリー

« 一般会計は1兆2197億円、十日町病院改築に30億円 花角知事が新年度予算案発表 | メイン | 雪花火、津南雪まつりなど中止へ 新型コロナウイルスの影響で »

医療福祉総合センターオープンなど 十日町市が新年度予算案を発表

200227_01.jpg

 十日町市の令和2年度当初予算案が20日、発表された。一般会計は総額358億2千万円で、前年度比6億2千万円(1.8%)の増となった。一般会計と特別会計を合わせた全体の当初予算案は499億3920万円。特別会計から企業会計に移行した簡易水道事業・下水道事業を除き、前年度比7億8410万円(1.6%)の増となった。特別会計は介護保険の4億5千万円増をはじめ国保診療所、後期高齢者医療、松之山温泉配湯で増加があり、国民健康保険が3億5千万円減少した。
(写真:記者会見で予算案を発表する関口市長)
《本紙2月27日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月27日号は・・・・
▼〈県健康経営推進企業表彰〉大島電気が栄えある県知事賞 クローバフォーとノースラインに奨励賞
▼鉄道の旅グランプリに輝く 北越急行、深夜の「超低速列車」で受賞
▼雪花火の内容・運用を一部変更 新型コロナウィルスの影響で
▼ロボットが津南を発信 シャープ「RoBoHoN」、雪まつりでの擬似旅行も〔AR動画あり〕
▼大白倉地区で奇祭バイトウ 大規模開催に区切り、「有終の美」
▼今年は高崎経済大とコラボ 第6回松之山温泉ふぇすてぃBAR
▼児玉美希、佐藤友樹が優勝 国体クロカン競技
▼まつのやま学園で銅メダリストの特別授業 トップアスリート招聘事業で小野塚彩那さんら
▼前売り完売、当日券もなし 十日町アマチュアバンドコンサート大盛況
▼「あんしんはじまりの物語」発刊 NPO支援センターあんしんの樋口功会長が など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS