2020年 05月27日 (水曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】緊急事態宣言7地域との往来自粛を 十日町市が呼びかけ | メイン | 休日一次救急診療センターを国保川西診療所に移転 »

市医療福祉総合センターがオープン 県立看護専門学校が併設されて

200409_01.jpg 200409_02.jpg

 昨年11月に完成し、4月から供用開始された十日町市医療福祉総合センター、新たに開校され10日に入学式が行われる新潟県立十日町看護専門学校が併設された建物の報道関係の内覧会が6日に行われた。建物は鉄筋コンクリート造4階建て、敷地面積3752平方m、延床面積4253平方m、総工費約14億3300万円。1階には休日一次救急診療センターと講堂、2階に市行政機能を含む医療と福祉の相談拠点、3階と4階が県立看護専門学校施設となっている。
(写真:完成した市医療福祉総合センターと在宅医療実習室)
《本紙4月9日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月9日号は・・・・
▼市立で経営できるわけがない 尾身県議が記者会見で県立病院再編問題で持論展開
▼後期基本計画策定に向け初会合 第2次市総合計画、審議会委員30人が年内に答申
▼過去100年で最少の積雪 十日町試験地、積雪期間も最短で33日
▼〈新型コロナ〉企業アンケートで71%がマイナス影響 商工会議所と5商工会が緊急情報交換会
▼きものまつりは9月に延期 きものGOTTAKU、キルト展は中止に
▼宿泊客激減で1カ月休館 ニュー・グリーンピア津南、ゴールデンウィーク後の営業は未定
▼市・町立学校で授業再開 市教委は生徒らにマスク配布
▼注目浴びる「からむしマスク」 ネオ昭和、伝統の繊維で1個ずつ手づくり
▼コロナ対策グッズで「疫病退散」 クロステンに手作りマスクコーナー、妖怪「アマビエ」も
▼市政発展に貢献した11分野33人に 十日町市褒賞表彰式を挙行
▼協力隊・地域支援員を新任用 2人が中条・水沢地区に着任
▼地域おこし協力隊3人退任、定住へ 十日町市と津南町で活動報告会
▼【ズームアップ】第90代十日町警察署長・倉石達雄警視 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS