2020年 10月29日 (木曜日)

カテゴリー

« 大地の芸術祭の里越後妻有2020秋 | メイン | 身体障がい者福祉センターふれあい作品展 »

商工会議所が上沼快速道路説明会 長岡国道事務所が概要を説明

201008_01.jpg

 十日町商工会議所(西方勝一郎会頭)主催の上越魚沼地域振興快速道路の事業説明会が先月28日、クロステンで開催された。同道路の八箇インターから北鐙坂までの延長10.8kmの十日町道路が令和元年度に事業化され、全体事業費620億円でスタートした事から、今後の事業をどう進めるかが、長岡国道事務所、県十日町地域振興局、十日町市の担当者から説明された。令和2年度の事業費は2億円で、道路設計と地質調査が行われる。
(写真:説明会で示された十日町インターチェンジ付近のルート図)
《本紙10月8日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月8日号は・・・・
▼学校存続に向け広域連携を 津南中等PTAが津南町に要望書
▼津南中等の未来を考える 津南町が今年度初の未来会議を開催
▼秋の夜長、交通事故防げ 事業所が安全運転実践運動
▼馬耕・農福連携の酒作り 津南松平地区で三馬力社とワークセンターあんしんが
▼医師会に寄付200万円 80周年の丸山工務所と松隆会が新型コロナ対策費用として
▼10万円相当の図書38冊寄贈 十日町法人会がふれあいの丘支援学校に
▼ユリ「雪華火」を226カ所に贈呈 十日町市がコロナ禍の花き農家支援で
▼地域おこし協力隊の片桐さんが退任 松代に定住して農家民宿経営へ
▼縄文川柳大賞は塩田悦子さんに 第7回縄文川柳大賞、ジュニアは田村陽君に
▼アンギン復元とわら仕事を実演 岩田重信、石沢今朝松の両氏が
▼笹山遺跡で青春18土器作り 国宝をモチーフに火焔型土器制作
▼共生社会実現を目指して ボッチャ十日町CUP開催
▼ネットには危険もいっぱい 総合高生徒らが呼びかけ
▼【中学駅伝展望】目指すは男女アベック優勝 津南中学校 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS