2021年 07月24日 (土曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】市内で高齢女性1人が感染 | メイン | 【新型コロナ】市内で女性1人が感染 »

〈市長選〉樋口利明市議が4つの政策掲げ出馬を表明 4選目指す関口市長と短期決戦の一騎打ち

210415_01.jpg

 今月18日告示、25日に投開票が行われる十日町市長選に市議の樋口利明氏(66)が出馬を表明し、関口芳史市長(62)との一騎打ちの構図が固まった。市長選には過去2回、関口市長に挑戦し敗れた千歳不動産代表の樋口明弘氏(73)が、出馬すると見られていたが、一転して出馬しない考えを示し、これを受けて樋口利明氏の出馬表明となった。樋口利明氏は13日、サンクロスで記者会見を行い、「命と生活が第一」を掲げ、コロナ対策など4つの政策を柱として市長選に臨む決意を示した。一方、現職市議の樋口利明氏が市長選出馬を表明したことで、市議選は定員24人に対し、選挙戦に挑む立候補予定者がわずかに1人多いだけで、状況によって無競争になる可能性もある。
(写真:13日の記者会見で市長選出馬を表明する樋口市議)
《本紙4月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月15日号は・・・・
▽ポストコロナ時代に備える 関口芳史市長が市長選に向け記者会見
▽〈市議選〉新人の動向次第では一転して無投票も 定員をわずかに1人上回る状況
▼新型コロナ市内感染はいまだ収束見えず 高齢者多く、津南中等生も
▼市成人式やきものまつりなど延期に 市内での新型コロナ感染拡大うけ
▼津南町で医療従事者コロナワクチン接種始まる 高齢者接種は20日から、4月は計200人に
▼特別賞は吉澤織物、青柳、関芳 十日町きものフェスタ2021
▼日本遺産ロゴマークが完成 十日町市、統一デザインで地域文化PR
▼みどり繭でシルク産業の創出を きものブレインが絹生活研究所を分社化、上野マルイに直営店
▼新事務所に移転し気持ち新たに リフォーム専門店アフター、四日町中原に会社機能を集約
▼グランピング設備で魅力アップを ニュー・グリーンピア津南がクラウドファンディングを開始
▼〈危険業務叙勲〉瑞双章に金澤敦志さん 陸上自衛隊35年、震災にも派遣
▼十日町ソフトボールCが北信越へ 壮年ソフトボール県予選、2年ぶりの大会で打線が爆発
▼6人で力を合わせて楽しい飛一小を 飛渡第一小学校で2人の新入生迎え2年ぶり入学式
▼地域の支え胸に活躍を 塩沢信用組合が給付型「はばたき奨学金」贈呈式 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS