2021年 09月18日 (土曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】市内で4人感染、複数感染の飲食店名公表 | メイン | 【新型コロナ】市内で看護学生ら2人が感染 »

〈市長選〉関口市政12年の実績に審判 現職が優位に展開、25日投開票

210422_01.jpg

 任期満了に伴う十日町市長選挙が18日、告示され、届出順に現職で4期目を目指す関口芳史氏と前市議の樋口利明氏が立候補、現新一騎打ちによる短期決戦の選挙戦に突入した。関口氏は今回、年明けになっても出馬の明言を避け、3月議会で表明。一方の対立候補は、過去2回関口氏と一騎打ちで戦った樋口明弘氏が3度目の挑戦に打って出ると見られていたが、一転して不出馬。これを受け樋口利明氏が市議選から鞍替えして出馬を表明した。無投票阻止を掲げる樋口氏の出馬により、関口市政3期12年の内容が問われる形となる。選挙戦はコロナ禍で運動が制限される中、実績を誇る関口氏が優位に展開して終盤を迎え、市民の判断が注目される。投票は25日に行われ、午後7時から市総合体育館で即日開票、大勢判明は午後8時半ごろの見込み。4月17日現在の選挙人名簿登録者数は44,086人(男性21,504人、女性22,582人)。
(写真左から:第一声をあげる関口氏と樋口氏)
《本紙4月22日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月22日号は・・・・
▽〈市議選〉無投票から急転直下の選挙戦 1人超過で超短期決戦に突入
▽関口立之氏が告示日午後に届出 市議選の無投票阻止掲げ立候補
▽【市長選・寄稿特集】「私は支持します」
▼若年層の政治への関心を高めたい 十日町JCが市長選でオンライン公開討論会
▼大地の芸術祭が延期 会期未定、コロナ感染拡大で
▼感染者の属性に広がりか 新型コロナ、3日間感染なしも油断できず
▼新型コロナワクチン接種始まる 一部高齢者対象に試行的接種
▼ネット予約殺到で電話予約できず 津南町ワクチン接種、桑原町長が謝罪
▼津南町令和2年度成人式はウェブ開催に 貸衣装キャンセル料補填も
▼地域の魅力発信に 日本郵便、十日町市の絵入葉書を市に贈呈
▼四季折々の松之山に焦点をあて 都会育ちの小野悠介さんが写真展
▼50代男性が架空請求詐欺被害130万円/盗撮容疑で25歳男性逮捕
▼【桜特集】耐え忍んで花開く―紙面でお花見―〔AR動画あり〕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS