2022年 09月29日 (木曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】十日町市で12人が感染 | メイン | 【新型コロナ】十日町市で7人が感染 »

5月の知事選への出馬を表明 花角英世知事、県新年度予算は1兆3562億円

220224_01.jpg

 花角英世知事は16日、2022年度県当初予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症対策に万全を期すとともに、ポスト・コロナ社会を見据えた「住んでよし、訪れてよしの新潟県」づくりをしっかりと前に進める予算とし、一般会計は1兆3562億円を計上した。過去最大であった21年度予算に比べ512億円(3.6%)減。国の予算編成に合わせ、一体編成した21年度2月補正予算との合計額は1兆4623億円(0.2%減)となった。また、花角知事は任期満了に伴う知事選挙(5月12日告示、29日投開票)に再選を目指して立候補すると正式に表明。「今回の予算編成に当たり、予算で撒いた種、植えた苗をしっかりと育てるのが私の責務」と決意を語った。
(写真:新年度予算案を発表する花角知事)
《本紙2月24日号1面記事より抜粋編集》

十日町新聞2月24日号は・・・・
▼〈十日町市〉一般会計は1.2%増の367億2千万円 大地の芸術祭開催に文化・アウトドア観光
▼いまだ感染止まらず 新型コロナ、新たに幼稚園・保育所関連で集団感染
▼給与減額案は取り下げ ひまわり保育園増築問題で桑原悠町長
▼兼業の禁止に抵触か 突然辞職の筒井秀樹前津南町議
▼全国最多の14地区が認定される 農林水産省の「つなぐ棚田遺産」に十日町市の棚田
▼宿泊施設誘致へマッチング 松代旧早大施設、観光庁事業で
▼米、なめこなど新幹線輸送 十日町市、JA、JRが連携、速達性生かし販路拡大目指す
▼十日町雪まつり中止でも雪像を 市内各所に出現、独自コンテストも
▼感染防止でさらに縮小 来月19日のつなん雪まつり
▼全国に名を馳せたきものの世界へ 十日町市博物館で明石ちぢみと十日町小唄展
▼努力は裏切らないことを学んだ 中条中学校、第16回大井田賞授賞式を挙行
▼〈冬季国体〉藤ノ木光、小林萌子が3位 アルペン山本柊吾、小川あかりが入賞
▼全国展書の部で涌井久雄さんが優秀賞 市障害者センター、デジタル写真展は竹内ハルさんが銀賞
▼関口市長が初日に確定申告 e-Taxの利便性アピール
▼わが子の成長を実感 めごランド、手形・足形でひな祭りアート
▼警察官の顔を肘打ち 公務執行妨害・傷害の疑いで男性を逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS