2022年 05月28日 (土曜日)

カテゴリー

« ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞4月7日号 | メイン | 【新型コロナ】十日町市30人、津南町3人が感染 »

〈津南町長選〉町政は町民のためにのみある 小野塚均前副町長が出馬を表明

220407_01.jpg

 任期満了に伴う津南町長選挙(6月14日告示、19日投開票)に、前副町長の小野塚均氏(66・辰ノ口)が立候補を表明した。小野塚氏は1日に地元の辰ノ口公民館で記者会見を開き、大多数の町議や多くの町民からの出馬要請を受け決意を固めたと経緯を語り、「桑原悠町長の町政運営や執行能力に懸念を抱き、注視してきた。説明不足で行政手法が独りよがりのような部分も見える。そのためか一番大事である議会との信頼関係がなくなり、混乱・分断が生じ、町民からも不信感が高まっているのではないか」と指摘、「町政は町民のためにのみある。いろいろな人の意見を聞きながら、何が町民のためになるのか、今何をしなければならないのか、これらを判断基準として、わかりやすい町政、持続可能な町政に取り組みたい」と意欲を示した。同選挙は現職の桑原町長(35・貝坂)も2選を目指し出馬を表明しており、選挙戦が確実となった。
(写真:記者会見で決意を示す小野塚氏)
《本紙4月7日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月7日号は・・・・
▼棚田は地域文化が結実したもの つなぐ棚田遺産認定式、十日町市は全国最多の14地区に認定証
▼保育園増築工事入札不調に関し調査特別委 津南町議会、臨時会で可決
▼地域公共交通活性化協議会を設立 市地域公共交通計画策定へ
▼防災ラジオの運用を終了 十日町市、デジタル防災無線稼働で
▼〈新型コロナ〉保育園関連等で感染拡大 津南町では前週比2倍以上
▼誠実な職務執行を宣誓 十日町市で令和4年度市職員辞令交付式
▼津南町が積雪時の電波状況を調査 ICT農業推進、モービルで大移動
▼魚沼の水「ウクライナ救援ボトル」 (株)ムラオが今月中旬から販売、売上げ寄付へ
▼村山潤、田村恭子氏らが受賞 市褒賞表彰式、市政進展に尽力した22人3団体に
▼広角カメラ映像で死角を全て視認 十日町地域消防本部で最新式救急車の入魂式
▼津南小4年生がジオカード第2段作成 観光施設や認定商品などで配布〔AR動画あり〕
▼全中二冠の活躍称え今後に期待 十日町RCが松代中の牧田鈴葉さんを表彰
▼未使用タオルと児童図書を寄贈 十日町法人会が今年も社会貢献事業の一環として
▼食農れんらくちょうを寄贈 JA十日町が新入学児童に など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS