2022年 05月28日 (土曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】十日町市で17人が感染 | メイン | 【新型コロナ】十日町市11人、津南町2人が感染 »

総合産地の新商品を一堂に 十日町きものフェスタ2022開催

220421_02.jpg 220421_01.jpg

 きもの産地十日町市の年間最大のイベント「十日町きものフェスタ2022」(十日町織物工業協同組合主催)の商品別の新商品フレゼンテーションと審査会が11日から14日までの4日間、クロステンで開催された。求評会として大正期に始まったこの催しは産地メーカーの新商品が全国の卸商社・小売店から審査と評価を受けるもので、産地メーカーにとっては商品力のアピールと手ごたえを確かめる重要な機会となっている。今回は産地メーカー16社から振袖、留袖、訪問着、紬、付下・着尺・羽織・コート、帯の6部門に79点が出品され、審査の結果、最高賞の経済産業大臣賞は吉澤織物(株)の「本格手描友禅振袖『きわみ 絢爛』」が受賞した。
(写真:全国から卸・小売関係者187人が来場した審査会と経済産業大臣賞受賞商品)
《本紙4月21日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月21日号は・・・・
▼〈きものフェスタ審査結果〉吉澤織物に経産大臣賞 特別賞は青柳、関芳に
▼大島電気(株)がブライト500に認定 日本健康会議の健康経営優良中小規模法人部門で
▼〈新型コロナ〉市内2高校で集団感染 保育園、小・中も依然止まらず
▼3回目接種率は73% 津南町、4月末までに完了予定
▼人権擁護委員の相澤きよえさんに法務大臣感謝状 後任の高波悟さんに委嘱状伝達
▼〈大地の芸術祭〉「神様の絵」を探して 影を切り取るワークショップ
▼地域住民の心を癒す鯉のぼり (株)メイケンが会社設立25周年記念し大小14匹
▼震災の記憶未来に繋いで 津南中等ネクサスが高校生国際シンポジウムで最優秀賞
▼師弟で芸の道を追い求め10年 きらら会、節目の記念大会で華麗な舞い
▼十日町ソフトボールクラブが2年連続北信越大会へ 決勝で大敗も課題克服へ
▼雪下の集水升に転落 山菜採り高齢男性が死亡 
▽【ずーむアップ】第91代十日町警察署長・山岸信行警視
▽【桜特集】桜と雪と青空と ー紙面でお花見— など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS