2022年 08月12日 (金曜日)

カテゴリー

« ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞7月21日号 | メイン | 【新型コロナ】十日町市13人、津南町2人が感染 »

市民活動を新しいステージに NPOひとサポ、4プロジェクト立ち上げ通年型の事業に注力

220721_01.jpg

 分じろう、十じろうを拠点に市民活動の支援などを行っているNPO法人市民活動ネットワークひとサポ(渡貫文人理事長)では8日、報道や行政関係者を招いて令和4年度の活動説明会を開いた。同団体ではこれまで主にイベント型の事業を展開してきたが、今年度からは年間を通して行う事業に注力、「こどもプロジェクト」「学生プロジェクト」「市民活動プロジェクト」「まちなかプロジェクト」の4つのプロジェクトを立ち上げ、総勢50人からなるプロジェクトチームをつくり企画・運営にあたるとしている。
(写真:4つのプロジェクトを発表する樋熊コーディネーター・右から3人目ら)
《本紙7月21日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月21日号は・・・・
▼企業の採用意欲が増し激戦に 地元52社が参加し高校生求人説明会
▼諏訪神社秋季例大祭の神輿渡御を実施 諏訪神社協賛会が説明会で発表
▼405号未開通区間の開通を 秋山郷国道整備促進期成同盟会が3年ぶり総会
▼清津川キャンプ場有料化 ネット予約のみ、市有化で今月から
▼工事費増額を賛成多数で承認 津南町議会、町文化財センター改築工事で
▼ベルナティオがレストランを全面改修 関係者にお披露目
▼女性の悩み尿漏れに効果あり たかき医院が医療機械「エムセラ」を県内初導入
▼観音祭が戻ってきた! 松代ほくほく通りで3年ぶり開催、好天で賑わう〔AR動画あり〕
▼滝澤正治監督の「瞽女GOZE」上映 横川恵子さんが瞽女唄を披露
▼NPOひとサポが初心者向け講座「学じろう」開講 好評うけ9月から第2期講座も 
▼社会が求めている仕事の姿を学ぶ 川西高等特別支援学校、職業技能検定試験で就労意欲喚起
▼文武両道を貫き夢の舞台に臨む インターハイ相撲、関真成(中等)と富井勇悟(長岡)が出場
▼十日町AC、短距離に期待の新星 日清カップ県小学生陸上で山田詩桜が優勝、全国大会へ
▼中学生は中澤結月、阿部未空が連続 珠算東北大会
▼221点からグランプリ決定 桂公園こどもランドWebフォトコン2022
▼【きせつの窓】太公望が待ちわび釣り糸 清津川でアユ漁が解禁 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS