2024年 06月24日 (月曜日)

カテゴリー

« 十日町市観光協会が新たなスタート 越後妻有観光フォーラム開催 | メイン | ★ 今週の動画 ★ 十日町新聞8月31日号 »

十日町病院の分娩対応を休止 来年4月から、県福祉保健部が市町議会に説明 

230824_01.jpg 230824_02.jpg

 新潟県は17日、県立十日町病院(吉嶺文俊院長)が来年4月から分娩への対応を休止すると明らかにした。17日に十日町市、津南町の両議会を県福祉保健部の担当者が訪れて説明したもの。来年度以降同院での分娩はできなくなるが、常勤医1人体制を維持し健診等の診療は継続する。県では同院以外に郡市内で唯一分娩が可能な土市の「たかき医院」に支援を行うとし、県地域医療構想に基づき対応の意義を説明、市議・町議らに理解を求めた。
(写真:来年4月の分娩対応休止が示された十日町病院と市議らに方針を説明する県担当者)
《本紙8月24日号面記事より抜粋》

十日町新聞8月24日号は・・・・
▼明石の湯改修の実施設計概要を説明 市当局、議会の附帯決議に配慮と説明
▼〈お盆の入込み〉コロナ禍前を超える施設も 観光客増、需要回復に手応え
▼貯水ゼロ、平成30年以上の渇水 出穂期を前に干ばつ被害に心配の声
▼コシヒカリは1万8千円 JA十日町、仮渡金決まる
▼津南町が航空会社とコラボ 水やにんじんジュースをPR
▼各クラブとも会員増強が課題に ライオンズクラブ鈴木壽男ガバナーが公式訪問
▼イタリアからマッテオさんが着任 国際交流員としてコモ交流など担当
▼定住と3年間の活動を報告 津南町芦ヶ崎地区協力隊・南雲瑠里子さんが退任
▼昔懐かしい昭和の歌で元気に 新座の叡新会がお楽しみ会
▼日本マスターズに4選手が出場 十日町市空手道連盟の村山美雪、祥子が県予選で上位独占
▼交流と育成を目的にゴルフ大会 十日町カントリークラブで第2回サマージュニア大会
▼十日町UnityAが優勝 第2回十日町ロータリークラブ杯車いすバスケ大会
▼児玉美希・藤ノ木光が入籍 クロカンが繋いだ縁、温かい家庭を
▼暑い夏に咲く王子蓮 智泉寺で30輪が開花
▼【ひと】尺八、三味線でボランティア活動を続ける小林宏さん(城之古) など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS