2024年 04月13日 (土曜日)

カテゴリー

« きらら会春に舞う | メイン | 棚田就農体験 »

明石の湯は1日160人、年間で4万人見込む 市議会3月定例会一般質問

170316_01.jpg

 十日町市議会3月定例会は6日から始まり、25日までの20日間の会期で開かれている。一般質問は小嶋武夫、大嶋由紀子、山口康司、滝沢繁、鈴木祐一、中林寛暁、滝沢貞親、鈴木和雄、山家悠平の9氏が行い、関口芳史市長ら行政幹部の見解を質した。この中で大嶋、滝沢(貞)の両氏が明石の湯の経営戦略を問い質したのに対し、関口市長は「管理コストの徹底的な検証をもとに経営改善を行う。1日160人、年間で4万人の利用客を見込んでいる」と答弁した。また山口氏がコロナ禍の無担保融資のその後の状況を問い質したのに対し、関口市長は「市内の利用実績は682件、約96億円。返済の滞りや返済不能は聞いていない」と答えた。
《本紙3月21日号面記事より抜粋》

十日町新聞3月21日号は・・・・
▼明石の湯指定管理を議論 市議会、「人の流れの起爆剤に」と関口市長
▼赤沢駐在所の存続を 地元2団体が津南町に支援を要望
▼〈津南町人事異動〉ジオパーク推進室長に五十嵐誠氏 佐藤雅一氏が初の任期付職員に
▼共生施設ケアホームげじょう着工 十日町福祉会、グループホームとデイサービスセンター移設
▼重税、軍拡、改憲、金権政治にNO 3.13重税反対全国統一行動
▼登坂尚志医師に厚生労働大臣表彰 十日町市の地域医療に長年貢献
▼かまくらやゆきんこコスプレが人気 津南雪まつり、荒天が影響し人出は9千人
▼圧倒的な声量で聴衆も最高潮 樋口晋さんらが歌曲とオペラアリア
▼Bリーグ金沢武士団に支援物資 十日町市バスケットボール協会が
▼三人娘「ゆでたまご」、日本一に輝く! 全日本ユニバーサルボッチャ選手権
▼インターハイ制覇を称え 十日町RCがスキー春日喜行選手を表彰
▼優美な舞い、高難度技で魅了 東一輪車クラブが演技発表会
▼地域の昔話や科学研究など披露 飛渡第一小児童がFOREVER発表会
▼野球の楽しさ知ってほしい 十高野球部と学童チームが交流
▼【ずーむアップ】第68代十日町青年会議所理事長・村山亮太さん
▼車庫の車から遺体 四日町新田で住宅火災 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS