2017年 07月22日 (土曜日)

カテゴリー

« 松代病院の公設民営に地元が同意 | メイン | メールマガジン「十新メール」 »

高速通信の連携事業者はNTT2社連合に

070625_01.jpg

 17日に開催された「高速情報通信網整備」に係る3事業者による提案説明会の結果が注目されていたが、田口十日町市長は20日に市議会全員協議会、定例記者会見の席上で、連携事業者をNTT東日本㈱新潟支社・㈱エフエムとおかまちの2社連合に決定したと発表した。本事業は2004年に策定された「十日町地域情報化基本プラン」に基づく事業で、これまでに津南町が計画から離脱、CATV事業を中心とした地デジの難視聴対策、高速インターネット、IP電話、告知放送を4本柱として進められてきたが、合併特例債を財源として72億円という巨費を投じる計画に市民からの反対の声が挙がっていた。
《本紙6月25日号1面記事より抜粋編集》

十日町新聞6月25日号は・・・・・
▼北越急行が過去最高の経常利益15億900万円
▼行政、生産者が魚沼きのこブランド化推進協議会を設立へ
▼自民・佐藤のぶあき氏が十日町市で総決起大会
▼複合型介護施設「三好園四ツ宮」が竣工
▼障害者福祉の先進地・伊達市に学ぶ 大垣氏が取り組みを紹介
▼ドタバタ喜劇におひねり飛び交う あてま新喜劇が大盛況
▼津南高校で最後の体育祭 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS