2017年 06月28日 (水曜日)

カテゴリー

« 土市第3で2軒全焼【第4報】 | メイン | 土佐礼子選手迎え第30回新雪マラソン大会 »

北川フラム氏が松高の存続の可能性話す

081225_01.jpg

 松高(安塚高校松之山分校)支援連絡会、松之山地域協議会が主催した「地域の教育力を考える」と題した講演会が21日、市内松之山の松之山自然休養村センターで開催され、関係者200人が入場した。これは松高を特色ある高校として、今後も地域に存続させるための一環として企画されたもの。同支援連絡会は同窓会、PTA、地区協議会、地域振興会、松高対策検討会など松之山地域挙げての支援組織。この日は第2回社会人講座として開催されたもので、講師には北川フラム氏を迎え、地域が持つ教育力と閉校に直面する松之山分校のを存続させる仕掛けと可能性を講演した。
(写真:松高の存続の可能性を話す北川氏)
《本紙12月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月25日号は・・・・・
▼<JR東日本>ゲート不都合1年以上放置 10号ゲート不足量は約1700万トン
▼新型インフルエンザ発生時の県内死者は約2万人 郡市学術講演会で鈴木教授が警鐘
▼課題仕上げ発展寄与が私の天命 会見で田口市長が出馬の決意示す
▼「黒米へぎそば」誕生 本町4小嶋屋と枯木又がコラボ
▼田村英晃選手を応援しよう 箱根駅伝観戦ツアーを募集
▼特集・この一年を振り返る など

◎次回12月30日号は新年号として1月1日に発行します!
新年号は特集24ページ・・・・・
▽地元公募作家も 第4回大地の芸術祭
▽第60回記念となる十日町雪まつり
▽十日町市長選・市議会議員選展望
▽新潟国体冬季大会に向けて
▽我ら丑年生まれ
▽地元出身者新春インタビュー 2つ星レストラン飯塚シェフ
▽新春文芸作品展 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS