2017年 09月21日 (木曜日)

カテゴリー

« 信濃川で女性の死体発見 | メイン | 最大焦点は「政権選択」 衆院選新潟6区に4氏が立候補 »

筒井氏、高鳥氏ら立候補予定者が論戦 衆院選新潟6区公開討論会

090815_01.jpg

 (社)上越青年会議所(内山勇人理事長)主催の衆議院議員選挙公開討論会が11日、上越市のリージョンプラザ上越で開催され、同選挙(18日告示、30日投票)新潟6区に立候補を予定している筒井信隆氏(民主・前)、高鳥修一氏(自民・前)、橋本正幸氏(共産・新)、国領大聖氏(幸福実現・新)の4氏が参加した。討論会は主催者から事前に出された設問に答える形で行われ、4氏は参集した有権者約250人を前に景気対策、社会保障政策、地方分権などについて論戦を繰り広げた。
(写真:立候補予定者4氏が一堂に会した公開討論会)
《本紙8月15日号1面より抜粋》

十日町新聞8月15日号は・・・・・
▽景気対策、社会保障政策など 衆院選に向け4氏が政策展開
▽実質一騎打ちの熾烈な前哨戦 民主・筒井と自民・高鳥が市内で舌戦
▽津南出身の反り目弘國氏が出馬 国民新党・北信越比例2位
▼越後つまり100キロの徒歩の旅 十日町JCの企画に17人が挑戦
▼花嫁行列に200人を超える鑑賞者 大地の芸術祭・南雲由子さんのイベントに
▼BMWミニ愛好家が芸術祭を満喫 40台75人が愛車と参加
▼「大地の芸術祭めぐり」十日町・中里地域/「石彫シンポ参加作家紹介」(中) など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS