2017年 12月12日 (火曜日)

カテゴリー

« 大黒沢の女性が行方不明 | メイン | 第1回新十日町病院建設場所検討委員会開催 »

キナーレを通年芸術祭施設に改修 子育て世代トークで関口市長

100420_01.jpg

 関口芳史十日町市長と語る子育て世代とのトークが17日夜、駅西近くの丸山町ポンプ場2階集会所で開催され、幼児から小・中・高・大学、ふれあいの丘分校など、子育て世代の母親ら約80人が参集した。この中で関口市長は、保育料を今年7月から市内一律に統一化(経過措置有)すべく大幅に割引き、県下市で2番目の安さに大幅改定する方針を示し、課題となっていた十小併設の「小出養護学校ふれあいの丘分校」も現状を維持しながら校舎改築を進めたいとの意向を示し注目された。さらにキナーレとクロス10施設を大幅見直し様々な改修を進める方針を示し、「まつだい農舞台を大きくしたような、通年で大地の芸術祭がわかるような施設にしたい」と決意を語った。
(写真:示された様々な要望等に答える関口市長)
《本紙4月20日号1面より抜粋》

十日町新聞4月20日号は・・・・・
▼特別賞は吉澤織物、青柳、関芳に 十日町きものフェスタ2010 
▼津南の食文化を伝えるために 津南町の女性グループが郷土料理集発刊
▼第2回飯山線沿線会議開催 沿線関係団体・個人が参加、活性化を協議
▼逸品はお店を知ってもらう手段 3年目を迎えた「とおかまち逸品会」
▼テーマは“農、食とアート” 「大地の芸術祭の里2010春」稼動へ
▼きものの集いの会が25周年式典 人間国宝・桐塑人形作家林駒夫氏を講師に
▼北鐙坂で農業体験の参加者募集 震災基金活用し地域活性化めざす
▼大黒沢の女性が行方不明 一週間経過、有力情報なく捜索難航
▼【ズームアップ】同窓生でもある新十日町高校長・上村栄市さん など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS