2017年 06月28日 (水曜日)

カテゴリー

« TPP参加は絶対阻止する 農水副大臣就任を祝う会で筒井代議士 | メイン | 津南町大割野で住宅火災 2階から遺体発見 »

後期計画で市民文化ホール建設を 蔵品教育長が文化協会陳情に答えて

101110_01.jpg

 十日町市文化協会連合会(桾澤英男会長)では3日、ラポート十日町で「平成22年度文化祭」を開催、加盟団体の代表など200人が参加した。文化祭恒例の第16回文化賞の贈呈が行われ、民謡協会の高橋テイさん、いなほ会会長の樋口栄子さん、民謡協会の佐藤清氏の3人に文化賞・表彰状が贈られた。桾澤会長は挨拶の中で「市当局に補助金の増額、文化会館(美術館を含む)の建設促進を陳情した」と話し、それを受けて来賓として出席した蔵品教育長が「文化会館については、総合計画の後期計画に市民文化ホール(仮称)という形で載っている。計画が確定すれば27年度までに完成させたい」と具体的な年度まで言及し、市民文化ホールの建設が進められることを明らかにした。
(写真:文化賞の贈呈を受けた3人と桾澤会長)
《本紙11月10日号1面より抜粋》

十日町新聞11月10日号は・・・・・
▼魚道改修の方向性を決定 第3回西大滝ダム魚道検討会
▼秋の褒章は1団体1個人 恵福園友の会と鈴木一昭氏
▼中里で新彗星を発見 十日町試験地の村上茂樹さんが
▼一番大事なことは知り合うこと 堂本前千葉県知事が若者にアドバイス
▼高齢者の死亡事故急増中 事故防止を願い中里で交通安全大会
▼ピンポン外交の発展を誓って 仲介役の程普選さん送別会
▼<県中学校駅伝>吉田中が男女アベック優勝果たす 男子2連覇、女子は初
▼また熊に襲われ負傷者、庭作業中に 郡市内で目撃情報や被害相次ぐ 
▼魚道のサケ遡上は146尾 発電再開初年の宮中ダム など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS